« ファンタジーサッカーmini11 第33節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第33節レビュー »

November 27, 2011

堅忍果決

FC東京1-0千葉

先制点のシーン。なぜルーコンがあそこでフリーになったのか、それが結構謎だったのだが、その答えは後半のシフトチェンジにあった。ルーコンが頻繁に3列目まで降りてパスを捌くようになる。前半ボランチだった羽生さんが前線に上がりフリーランニングを繰り返す。この2人の動きによって千葉は混乱をきたす。バイタルが空くようになり、またサイドの徳とムックンの位置取りが高くなって、起点を作ることに成功する。このどさくさにまぎれてルーカスが前線に顔を出すと、マークが一瞬浮いたのだろう。熊さんの指示だったのか、彼ら自身で決断したのかはよくわからないが、この流動性は、このチームが獲得したひとつの武器だと思う。相手が10人になるという幸運はあったものの、東京の今年の総決算的なものが見れたように思った。

千葉は、これまで見てきたJ2のチームの中では、最も統制のとれたレベルのチームであることは間違いない。オーロイ、マークミリガンの2枚看板を欠いて、攻撃力は大幅に落ちてはいたが、その分割り切れて、千葉の狙いははっきりしていた。東京のパスサッカーを封じ込める作戦は見事にはまり、前半は膠着状態。あれだけコンパクトにして、しかもラインを高く維持できるのは千葉ならではだろう。裏はオフサイドでコントロールされ、東京はなすすべなしといった様相だった。ただ、焦れずに我慢できるようになったのも今年の成長だろう。変にカウンターで失点せず、じっくりいったことが後半のシフトチェンジにもつながったのだと思う。

ただ、このゲームで再認識されたこともある。ひとつは陽平がいないとボールは回らないということ。もう一つは羽生さんはやっぱり前に置くべきであり、彼のフリーランニングが攻撃のきっかけを作っているということ。この〝人〟の問題は、来季に向けての宿題になりそうだ。

札幌は無理ですが、水戸は行く予定でいます。

|

« ファンタジーサッカーmini11 第33節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第33節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/53348407

Listed below are links to weblogs that reference 堅忍果決:

« ファンタジーサッカーmini11 第33節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第33節レビュー »