« 昨日の続き | Main | 計日程功 »

November 11, 2011

ミハイロ・ペトロヴィッチ

2年前のホームの対戦では、広島が完全に引きこもりアウェースタイルに徹したことを笑った(このときはリスペクトしててくれたんだよ)。1年前は完膚なきまでに叩かれ、グーの音も出なかった。
たった1年でチームの立場がこれほど逆転してしまったのもあまり記憶がない。JFKの再就職先が広島ではないかという噂が広まっており、もしそうなれば、因果なものだと思うほかない。確かにパスサッカーを継承するには、その志向性、スタイルとしてJFKは適任であろう。ただ、昨年のダッチロールをどのように分析評価するのか、難しいと思うのだが。上がれる可能性のある徳島とかの方が、まだ腑に落ちるんだけどね。

わが軍も、もしこのままパスをつなぎ倒すサッカーを継続したいのであれば、それこそペトロヴィッチは願ってもないところだろう。8千万とも言われる年棒はネックではあるが、人材としては申し分ない。落とした張本人と放出された監督が、チームを入れ替えて戦うなんてことになったら、ちょっと話題じゃなぁい。今のところは全部噂なんで、来季どうなるかなんて発表されてからでないとわからないけれど、こういった因縁めいたものはリーグを盛り上げる一要素になるよね。

ペトロヴィッチ、いいよなぁ。6年もJでやってるんだから、日本人のメンタリティなんかも理解しているだろうし、少なくともガーロの時のようにはならないと思う。攻撃的パスサッカーの信奉者でありオシムの舎弟である彼であれば、羽生さんやヤザーもすんなり馴染むだろうし。彼の舎弟であるポポヴィッチも近場(町田)にいるし。海外に行きたがっている陽平に対しても適切なアドバイスをしてくれると思うし、良いことずくめだなぁ。どう考えたって、ペトロヴィッチ>オオクボでしょ。

|

« 昨日の続き | Main | 計日程功 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/53218428

Listed below are links to weblogs that reference ミハイロ・ペトロヴィッチ:

« 昨日の続き | Main | 計日程功 »