« ファンタジーサッカーmini11 第31節レビュー | Main | 昨日の続き »

November 07, 2011

あとひとつ

平塚のゲームはセザーのゴールシーンしか見ていないのでコメントするに及びませんが、下田、ノース、北斗が頑張ったようですね。セザーも、要はフィニッシャーに徹しさせれば良いわけですよ。もう、お前はボックスから外に出るなぐらいのつもりで、周りもそうしてやる感じにならないと。セザーのプレーに違和感を持っているのは他ならぬピッチにいる選手たちだったということが、今試合後の熊さんのインタビューから知れて、スタンドで抱く印象、感想が決して傍観者的なものとはいえないことがわかりました。熊さんは、そこを我慢して、みたいな言い方をするけれど、なぜに共有化しているスタイルに外れるものを敢えて入れていくのか、平塚では成功したけれど、ホームの大分戦では痛い目にあったでしょ。そのリスクに見合う使い方なり戦術が必要ではないでしょうかね。

さて、この勝利によって、いよいよ次で決まりそうですね。今度はCB2人がいないというハンデ戦ですが、何とか乗り切ってくれることを祈ります。正式に言えば、東京○徳島もしくは札幌が△か●、または東京△徳島もしくは札幌●で決定ですが、東京○でも4位チームが4連勝しても71と勝ち点で並び、常識的に考えて得失点では追いつけるはずもないので、勝てば決まりです(△△、●●でも同様)。問題は優勝争いで、鳥栖の勢いが止まらないことです。1敗しかできない状況で、ここはチームとして優勝をしっかり狙って残りゲームを戦って欲しいです。プレッシャーに負けた昨季、そこから少しでもメンタル的に強くなった姿を見せて欲しい。今季はあまり追い詰められたゲームがなかったし、柏のような圧倒的実力差を見せ付けたわけでもない。上位チームにはかなりてこずったでしょ。6敗もしているし。柏の昇格即V争いは単なる勢いではないですよ。勝つサッカーをJ2で作り上げた結果だと思います。振り返って今の東京を見ると、そこまで考えながらやってきたのだろうか?疑問ですね。戦力差に任せてきたようにしか見えない。補強も失敗しているし(けが人を取ってくること自体強化部のミス)、せっかく取った戦力もフル活用しているかというとそうでもないし、総合的なアプローチ部分で取りこぼしたゲームは何試合かあったのではないでしょうか。あくまで印象論ですけど。

だから、来季の話がぼちぼち出始めている今、またぞろ熊さんの是非について議論が再燃しているのだと思います。オイラも来季の監督については再考すべき派なんですよ。

|

« ファンタジーサッカーmini11 第31節レビュー | Main | 昨日の続き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/53186527

Listed below are links to weblogs that reference あとひとつ:

« ファンタジーサッカーmini11 第31節レビュー | Main | 昨日の続き »