« くるり@高田馬場 | Main | 度徳量力 »

November 16, 2011

動き出す監督人事

JFKにオファーを出したのは甲府だそうだ。今季J1に残る残らないにかかわらず、今のサッカーでは限界があると感じてのことなんだと思う。

山形は小林さんが辞任。山形は背伸びしすぎて失敗したケースだ。J1残留だけを考えるのであれば、耐えながら勝ち点を拾っていくサッカーのほうが確実性が増すだろうが、興行を考えたときには、守り一辺倒のサッカーには限界がある。どこかで、よりエンタメ性の高い内容に変えていかないと、ファン層に飽きられてしまう。理想と現実の狭間で押しつぶされてしまうことはよくある。昨年のJFKもそうだった。

広島は高年俸がネックで名将を手放すことになった。誰が引き継ぐのかは相当悩ましい。C大阪のクルピもその去就に注目が集まっている。有能な若手をボコボコ引き抜かれて、相当ストレスがたまっている感じだ。香川と乾が残っていれば、それだけで優勝争いできたかもしれないが、チームの懐事情がそれを許さなかったのかね。

浦和も裏でいろいろ動いているみたいだ。ポステコグルーって聞いたこともないが、残る残らない別にして、ここも首の挿げ替えだろうな。
ここ数年の浦和は典型だけれども、チームがいったいどんなサッカーをしたいのか、明快なビジョンがないまま(たとえばスローガン的なものでしかなかったりとか)、ネームバリューや調達のしやすさなんかだけで持ってくると、現有戦力との乖離が激しくなって、チームとしてうまく機能しなくなってしまう。いくら良い監督を持ってきても、その監督が目指すサッカーを実現しうる選手層がなければ絵に描いた餅だし、乏しい戦力をやりくりできる監督であれば、あるいはその中で若手を育成できるのであれば、そのほうが理にかなっているチームもある。

要はチームをどの方向に引っ張り上げていくかが大事なのであって、それなしに監督どうこうという話はできないということ。

|

« くるり@高田馬場 | Main | 度徳量力 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/53251023

Listed below are links to weblogs that reference 動き出す監督人事:

« くるり@高田馬場 | Main | 度徳量力 »