« 動き出す監督人事 | Main | ファンタジーサッカーmini11 第32節プレビュー »

November 17, 2011

度徳量力

FC東京2-1神戸(ex1-0)

代休がもらえたので、あたふたとすることなくスタジアムには入れたのだけれど、カゼの引き始めのような感じで体調が思わしくなく、スタンドの寒気が結構堪えた。そんな中、案の定残業とは見る側にも辛抱を強いるのね、このチームはw。

ゲームの入り方は悪かった。明らかにJ1のテンポを忘れ、J2仕様のサッカーをしてしまっていた。早い段階で失点していたら、そのままサヨウナラになっていた可能性が高い。神戸の前線からのプレスは結構迫力があったし、攻撃ではしっかりパスが繋がってアタッキングサードまでは確実にボールを運んでくる。J2とは違うのだよ。しかし、そこから先は神戸もグダグダで決めきれず、結構助かったところも多かった。これぞ中位力というところ。前半も時計が進むと、徐々に神戸のプレッシャーにも慣れ始めて、後ろに戻すパスに相手が反応していると見るや、しっかり前へつなぐ方針に転換したりして、一応J1復帰しても中位争いできるぐらいの実力は保持できている証明になったゲームだった。相手が10人になってからの殴り合いはご愛嬌。カードマスターである扇谷だから嫌な予感がよぎったけれど、今回ばかりはいい方向に出てよかったよ。それにしても神戸は汚かったねぇ。

さて、この試合で改めて確認できたことがいくつかある。
ひとつは、J1レベルになると流れの中では容易に点が取れなくなるということ。その意味で、セットプレーの重要性は増してくる。相手側を含めて3点ともCKからというのは示唆的である。失点はモリゲのマークミスらしいが、攻守ともにセットプレーはもっと集中力と精度を追求する必要がありそうだ。

ひとつは、パスサッカーがある程度は通用するということ。ダイレクトパスがきれいに数本繋がってシュートまで行ったシーンがあった。とにかくシュートで終わることを徹底させ、途中で相手に引っかかったときの対応力を磨く必要はあるが、J1でも今年のスタイルを継続していけそうだ。まぁ、もともとJFKの目指すところであったし、その意思をいまのメンバーたちが継いでいるのであれば、それは必然というもの。だからこそ、熊さんのことは今一度考える必要がある。

もうひとつは、選手のクオリティの問題。秀人はギリギリ合格点か。不用意なプレーも散見されたが、中盤でのボール奪取には冴えを見せた。ヤザーはこのクラスを相手にしてしまうと粗が目立つようになる。もっと精度を追求しないと、運動量だけでは難しい。ソータンもちょっと厳しい。フィジカル、判断のスピードと質を上げないと。セザーも飛び道具として使えるかどうか微妙なところ。来季の編成は、ちゃんとJ1視点で評価しないといけない。

来季10番は本気で海外移籍を考えているようなので(突き抜けてくれさえすれば、ヤットの後任は陽平以外にないと思っているのだが)、ボランチの強化は必須命題。FW陣もルーコンをベンチに追いやるぐらい頑張らないといけない。DFは徳に代役を任せるようでは心もとない。特にDFは今季のようなつもりでいたら相当痛い目に遭いそうで怖い。J2の残された3ゲーム、天皇杯や来季に向けて有効に使って欲しいものだ。

あ、あと、大久保はやっぱりうちには合わないですよ。はっきりいっていらない。

|

« 動き出す監督人事 | Main | ファンタジーサッカーmini11 第32節プレビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/53266296

Listed below are links to weblogs that reference 度徳量力:

« 動き出す監督人事 | Main | ファンタジーサッカーmini11 第32節プレビュー »