« ファンタジーサッカーmini11 第30節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第30節レビュー »

October 24, 2011

未来日記

鳥栖0-0FC東京

今回もKenny'sにてKILKENNYを飲みながらテレビ観戦。一応J2リーグ1位、2位の天王山。優勝を左右する一戦とはいえ、それほどの入れ込みもなく、負けなきゃいいぐらいの気持ち。「横浜と0-0」とはちょっとだけ意味が違う。

前半までしかもたなっかたけれど、鳥栖のアグレッシブな守備はなかなかなものだった(このクオリティなら昇格できるでしょ)。これが、一試合続けてできれば、なんとかJ1でも最低限の戦いはできるように思う。ただ、得点源が豊田と早坂に集中しているので、ここを抑えてしまえばそれほど怖くはない。実際2CBがしっかり封じ込めて、本当に危なかったのは、むっ君がミスしたときぐらい。鳥栖はここをどうにかしないと、悲願の昇格を果たしても、今年の福岡と同じ道を辿ることになりそうだ。

そんな鳥栖相手にアウェーで0-0は、現状を考えればこれで十分ということなんだが、来季を睨むとやや物足りなさが残る。前半のカウンターの応酬で先手が取れなかったこと。後半べた引きされてこじ開けることができなかったこと。特に後半は長いパスを織り交ぜてサイドに基点ができていただけに、もうちょっとボックス内に侵入するシーンが増えてもよかったし、そこまでいくとCKももっと獲得できたのではないだろうかと思った。相変わらずKYのセザーを使う采配といい、来季ルーコンがどうなるかわからない(おそらく引退撤回は今季限りだと思うのだけれど。ところで横浜FMが欲しがっているらしいが、東京だからきてくれたんだと思うから無理でしょ、それは)ことを考えると、すでに別の心配事が頭をもたげてきてしまう。

4位札幌とは11差。昇格マジックは4勝。優勝マジックは5勝。数字は粛々と減っていく。柏が昇格1年目にして優勝のチャンスを手にしている。来季東京がJ1の台風の目になるためには、やはりJ2で何をやり続けてきたかが大事だ。多くのJ2チームがJ1に対応するために大改造を施して失敗するか、戦力の上積みがほとんどできなくて沈んでいくかしているなか、東京はほぼJ1での戦力を保持しているのだから、ここでの戦いの経験が来季に活かされなければ、何のために落ちたのかもわからなくなる。去年の柏のようなぶっちぎりまでは期待しないものの、やはり格の違いを見せるゲームをして欲しい。少なくとも、来季鳥栖とやるようなことがあったとして、これではいかんだろう。この鳥栖戦は来年に繋がっているのだ。

|

« ファンタジーサッカーmini11 第30節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第30節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/53071936

Listed below are links to weblogs that reference 未来日記:

« ファンタジーサッカーmini11 第30節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第30節レビュー »