« ファンタジーサッカーmini11 第29節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第29節レビュー »

October 16, 2011

攻守一体

FC東京3-0岡山

今日は「いい得点」を見ることができて良かった。

まず秀人のゴール。イーブンボールに相手よりわずかに早く届くと、ルーレットしながら相手をかわし、ボールをコントロールしつつ振り向きざま鋭いシュートを放った、一連の動きが流れるようだった。今ちゃんとシュート練習した成果だと本人は語ったようだけれど、シュートがブロックに入った相手DFの足元を上手くかいくぐったこともあり、入ったのはラッキーだったかも。まぁ、シュートまでのアクションだけでごちそうさまでした。

そして陽平のゴールはトラップの勝利。羽生さんからのラストパスをDFに寄せられながら完璧なファーストタッチで納めると、さらにもう一人のDFが詰めてくるのももうひとつのトラップでかわしてシュートスペースを作り出した。巧です。いずれもボランチの2人の得点というところがまた意味深い。岡山は3-4-2-1をとりつつ、守りに入る時は5バック気味だった。ミドルおよび後ろからの追い越しが点に結びついたのは道理である。

3-0という結果ではあるけれど、攻撃陣はまったくもって情けない。ソータン、セザーのGK1対1といい、やざーのドフリーヘッドといい、決めなきゃいけないでしょ。G裏の枠飛ばせコールに手を挙げて応えて、ゲーム後もG裏にいやいやながらも挨拶しに行ったやざーはかわいい奴だと思うよ。確かに点がなかなか決まらないのはもどかしいが、まずその場にいるということ自体が価値あることのように思うし、実際彼はリーグのアシスト王(サカマガ認定)なわけだし。まぁ、厳しいゲームでは、もっと厳しくお願いしたいね。その時後悔しないように。

それ以上に、今日の采配はちょっとおかしかった。セザーは自分で何とかしようと思いすぎて不用意にボールを失うし、守備も甘い。もっと問題だったのは坂田の左MF。坂田に中盤の守備は無理でしょう。ナオとの両翼は攻撃面では魅力的だけれども、終盤のバタバタはこれと無関係ではないと思う。ナオは、2本のシュートが復調の兆しを感じさせた。今日はゆりかごゴールできなくて残念だったけれど、もうちょっとの精度アップでゴール量産という感じ。

J2では選手個々のスキルレベルが格段に違うからこういう結果になっている。喜んでばかりもいられない。何にしても、ルーカスがいなくなったらどうするんだろう、というゲームでしたな。

|

« ファンタジーサッカーmini11 第29節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第29節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/53009701

Listed below are links to weblogs that reference 攻守一体:

« ファンタジーサッカーmini11 第29節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第29節レビュー »