« ファンタジーサッカーmini11 第27節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第27節レビュー »

September 25, 2011

風林火山

FC東京3-0横浜FC

それにしても陽平がCKをヘッドで決めるなんて珍しい。ゲームが始まってあっけなく先制できたんで、気が抜けるのが心配だったけれど、まったくそんな心配は不要でした。先制されて横浜も前へ出てくるかなと思ったら、前線からプレスはかけてこない。ボールを持っても縦に入らないとなるとすぐ後ろに下げる。こうなってしまうと東京の思うつぼで、高い位置で絡め取っては硬軟織り交ぜた攻めで横浜ゴールを脅かした。前半は1-0で終わったけれど、いやこういう展開は取れるときに取れずに後半逆転を食らうのがよくあるパターンだったけれど、今の東京は確実に点が取れる強さがある。行くところは行き、ためる所はためる。機を見るに敏。

今日は特に各選手が自分の役割・個性を十二分に出せていると思った。ルーカスはいよいよコンディションが戻ってきたようで、ボールが収まる収まる。秀人はかつての今ちゃんを思わせるような猟犬の動きで中盤を引き締めていた。そしてムックンは左足でクロスを配給する。羽生さんは、らしいプレーで2得点の大活躍。一方同窓のやざーは相変わらず。まぁ、笑わせてもらいました。

対する横浜の選手は誰もリスクを取らなかった。キング・カズも孤軍奮闘。またぎフェイントでスタンドをわかすのが精いっぱい。これではサポがかわいそうだ。下位に甘んじているならもっと思い切りかかってくればいいのにと、敵ながら奮起を促したくなった。

ファイトし、リスクテイクする。そしてチームとしてリスクヘッジする。今日のようなサッカーであれば(J2の)どことやっても負ける気はしないね。

|

« ファンタジーサッカーmini11 第27節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第27節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/52832407

Listed below are links to weblogs that reference 風林火山:

« ファンタジーサッカーmini11 第27節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第27節レビュー »