« ファンタジーサッカーmini11 第24節レビュー | Main | 敵は内にあり »

September 02, 2011

もぎ取った勝ち点

日本代表1-0北朝鮮代表

ゲームとしては全然すっきりしないけれど、最後の最後で強引にでもねじ伏せられる力があったことにちょっとした驚きを覚えた。1と3では大違いだ。こんな嫌らしい勝ち方ができると、チーム自体図太くなっていくもんだろう。点が決まった後のテセの表情がなんとも言えなかったね。

それにしても、柏木は消えていたねぇ。本田じゃないと収まりゃしない。岡崎も相変わらずだったし。ちょっとこのあともバタバタしそうだな。ただ、ハーフナーマイクのオプションは、今後詰めていけばアジアでは使えそうな感じがした。まぁ、いいスタートが切れたのではないかな。

明日はなでしこか。昨日はひそかにワンセグでチラ見していたから、細かいところまではわからなかったけれど、やはりサブメンバーの中盤は難しい。このギャップを上手く予選中に埋めることができるのだろうか。これも監督の腕の見せ所。

|

« ファンタジーサッカーmini11 第24節レビュー | Main | 敵は内にあり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/52632531

Listed below are links to weblogs that reference もぎ取った勝ち点:

« ファンタジーサッカーmini11 第24節レビュー | Main | 敵は内にあり »