« それでも町は廻っている 第9巻 | Main | ファンタジーサッカーmini11 第25節プレビュー »

September 07, 2011

いなくなって初めて分かる

ウズベキスタン代表1-1日本代表
本田と長友。今の代表の攻守に欠かせないパーツであることを再認識させる一戦でしたね。長谷部でも埋まらなかったし、逆に前半混乱しているところもあった。阿部ちゃんの問題というよりそっちの方が大きかったような気がする。サイドのチャンスメイクも片肺だし、ウッチーもたまに気の抜けたプレーでピンチ作ってたし、香川もいまひとつだったし、全体的にピリッとしませんでした。川島の大活躍で敗戦を免れたわけですが、受けにまわると意外と脆い感じを受けました。ウズベクのショートカウンターは迫力があったから、相手を褒めてもいいのでしょうけど、ディフェンスに切り替わったときの寄せの甘さとかスペースの埋め方とか、修正の余地は多かったと思います。

長友は10月には戻ってくるでしょう。本田は年内は駄目みたいなので、暫く試行錯誤が続くかもしれません。ただ、予選でやるのは悪いことではないですよ。本番に向けて引き出しが増える。だから、ハーフナーマイクや清武のような粋のいい選手をどんどん取り入れて行って欲しいですね。

|

« それでも町は廻っている 第9巻 | Main | ファンタジーサッカーmini11 第25節プレビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/52669704

Listed below are links to weblogs that reference いなくなって初めて分かる:

« それでも町は廻っている 第9巻 | Main | ファンタジーサッカーmini11 第25節プレビュー »