« ファンタジーサッカーmini11 第25節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第25節レビュー »

September 11, 2011

縦横無尽

FC東京6-1京都

立ち上がり、中盤をダイヤモンドにした大木武の3-4-3はひどくモダンに見えたのだ。対する熊さんの4-2-3-1は、プレスによって中盤のパス回しを封じられ、ルーコンへ縦を入れてはボールを失う悪循環。そして京都が中盤で上手くボールを奪って電光石火の先制点を奪うに至っては、こりゃやばいかもと心配になってしまった。しかし、このスタイルが本当に90分続くのだろうか?という疑問も同時に持ち上がる。そして、その疑問はすぐ正しいと証明された。ただ、その結果を導き出したのはソータンのムービングにある。目が覚めたというのはこのことだろう。3列目まで降りてはボールを引き出し、ルーコンの同点弾を生んだクロスは右サイドの最深部からのものだった。まったくどうなるかと思ったよ。

ゲームを決めたのはむっくんの2点目だったね。あの思い切りのよい飛び出しは、右サイドだったら出なかったと思う。カウンターのタイミングもあったけれど、不慣れな左だったから中へ入っていったしシュートで終わる意識も高かったのだろう。流れで右サイドのゴール前まで走り込んでいた時もあって、縦横無尽の大活躍だった(あれで左のクロスがあげられるようになればレギュラー確定だよ)。あの逆転弾で京都は切れてしまった。後半立ち上がりの森重のヘッダーはダメ押しの駄目押しで、あとはおまけみたいなもの。坂田の点は坂田らしいな。ほとんどナオの点みたいなもんだけど、終盤スピードスター2枚は強力なカードだ。

京都の大木さんのサッカーは若い選手たちとともに未来を見ている。本当に立ち上がりのサッカーのクオリティが(スタイルではなく)90分間もつようになれば、結構恐ろしいチームになるのではないだろうかと思った。今のうちに当たっておいてよかったという感じだ。リーグ終盤順位がもつれた時にあたっていたら厄介かもしれない。でも、今はその若さがもろに出てしまったゲーム。先制されても落ち着いてゲームを引き戻した我が軍は頼もしい限りだ。問題は上位陣と当たった時。まだまだ苦難は続きそう。

|

« ファンタジーサッカーmini11 第25節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第25節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/52697892

Listed below are links to weblogs that reference 縦横無尽:

« ファンタジーサッカーmini11 第25節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第25節レビュー »