« エネルギー論争の盲点 | Main | 寝耳に水 »

August 08, 2011

ファンタジーサッカーmini11 第20節レビュー

もうちょっと伸ばせたなぁと心残りな節でした。実際ハーフナーマイクとチョンスンを天秤にかけたわけです。過去の対戦成績以上に、甲府の残留に肩入れしているので、ハーフナーを取った。その情け心が裏目に出たわけですが、あろうことか、この敗戦で監督解任というフラグをクラブ自ら立ててしまった。鳴り物入りのダヴィも出てこないし、いよいよもってこれは確定印を付けざるを得なくなってきましたね。大宮がピンパォンを取った見識と比べると、やはり甲府のマネジメントは甘くみえる。この辺がJ1に留まり続けるチームの底力ってんですかねぇ。

GK 曽ヶ端(鹿島)…5fp
DF 山口智(G大阪)…7fp
   中澤聡(G大阪)…7fp
   アレックス(鹿島)…4fp
   岩政(鹿島)…5fp
MF 遠藤保(G大阪)…6fp
   野沢(鹿島)…13fp
   フェリペ ガブリエル(鹿島)…4fp
FW 赤嶺(仙台)…8fp
   ハーフナー マイク(甲府)C…3fp
   イ グノ(G大阪)…6fp
合計71fp 通算219fp
チーム時価 +1760
166位/496 関東リーグ

さて、我が軍はといえば、一応半分の19戦を消化した段階で首位ターンできました。とはいえ、好調の栃木(&横浜)とまだ当たっていないので、純粋に20チームの先頭とは言い切れないのも事実。
何となく先頭集団と中位グループが分かれ始めたかなというタイミングですから、まだまだ先は長いです。その意味でも、上手く選手をやりくりして夏場を乗り切って欲しい。スタメン固定もいいけど、「重かった」みたいなコメントは勝ったから言えるのであって、負けたときの言い訳には使って欲しくないね、熊さんよぉ。

|

« エネルギー論争の盲点 | Main | 寝耳に水 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/52422935

Listed below are links to weblogs that reference ファンタジーサッカーmini11 第20節レビュー:

« エネルギー論争の盲点 | Main | 寝耳に水 »