« 鳶飛魚躍 | Main | ファンタジーサッカーmini11 第5節レビュー »

July 18, 2011

大和撫子

なでしこ2-2(PK3-1)アメリカ女子代表

なでしこの季語は夏。まさにこの季節に見事な淡紅色の花を開かせた。女子部ができて30年でついに世界の頂点にたどり着く。アメリカに先行されても食らいついていったそのメンタリティの勝利。ピッチの選手たちからは画面を通じても悲壮感は全く感じることはなく、彼女たち自身が自らの勝利を信じていたように見えた。前半はうとうとしてよく覚えておらず、後半アメリカに先制され、ダメかと思ってしまう自分が情けなくなる。宮間の同点弾に目が覚め、ワンバクのジャンプしないヘッダーにシャキッとし、澤のここぞというワンチャンスをものにした、あの右アウトのアクロバティックなシュートに鳥肌が立った。出来過ぎでしょ、このドラマは。本当に、日本に勇気と元気を与えてくれた勝利だった。ありがとう、なでしこ。

アメリカはやはり規格外で、攻めにかかった時の迫力は圧倒的。それでも、日本が追いついてくることで確実にプレッシャーがかかっていた。それが最終的にPK3連続失敗という結果に結びついている。先手を取ることが最後まで無かったのは悔しいし、どちらかというと劣勢の中追いついた感は否めない。これからは世界の女子サッカーが日本を目標になんていうメディアのコメントはいかにもおこがましく、むしろ日本が力を付けたことでトップ4であるアメリカ、ドイツ、ブラジルの戦国時代に突入したということだと思う。事実、3ヶ国の対戦は全て延長戦、うち2戦はPK戦までもつれ込んでいる(ちなみになでしことブラジルの対戦成績は2勝2敗1分けの五分)。アメリカがさらにパスのコンビネーションを上げ、スピードと精度を上げてきたら、やはり日本は対抗できないかもしれない。フィジカルの差は埋めようがないというのが正直な感想。でも、こうした粘りや精神力は日本民族の特性として誇れる部分であり、それぞれの国のスタイルはこれからさらに研ぎ澄まされていくのではないかとも思う。いずれにしても、立ち止まることはすなわち退行であり、なでしこはなでしこのサッカーをさらに進化させていくことが大事なことだ。バレーやバスケのように、フィジカルありきのスポーツよりは、まだサッカーの方が日本人の体格、運動能力で対抗しうるから、これからもっと女子の底辺が広がっていくだろう。それこそが、日本女子サッカーをより強くしていく原動力になる。

さて、澤っていう選手はほんとに凄い。この柱が抜けた時のなでしこがどうなるのかというのは、別の意味で注目だと思う。真奈は今大会は完全にお客さんという感じだったけれど、この雰囲気の中にいられた経験が今後どう生かされるのか見ていきたい。裏MVPには安藤を推したい。得点こそなかったけれど、彼女の献身的なチェイスとプレスがかなりチームを助けていたと思う。あと、宮間は完全にヤットを見てるよね。最後のコロコロなんか明らかに影響受けてる。

この世界制覇で男連中のケツに火が付けばいいな。

|

« 鳶飛魚躍 | Main | ファンタジーサッカーmini11 第5節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/52245960

Listed below are links to weblogs that reference 大和撫子:

« 鳶飛魚躍 | Main | ファンタジーサッカーmini11 第5節レビュー »