« ファンタジーサッカーmini11 第2節プレビュー | Main | 薔薇とサムライ »

July 03, 2011

雲壌月鼈

FC東京3-0鳥取
本来これぐらいの差があってしかるべきと言うゲームでした。ポゼッションは圧倒的。鳥取は4-3-3にして前目からプレスを掛けてくるもののボールを奪うことが出来ず、アタッキングサードに入ることもママならない。前半、東京はボールと相手を走らせながらじわじわと様子伺い。このボディーブローが、後半のゴールラッシュに結実する。とはいえ、得点は組織で崩したと言うよりは個人の力=戦力の差によるもので、その意味においてはまだまだ満足のいくものではない(崩したプレーではなぜか谷澤にフィニッシュが回り、ことごとく枠を外す。決めてくれていればもっと楽なゲームになったはずなのだが…)。贅沢な話ではなく、上に戻ればすぐその現実に突き当たる。J1では戦力差はなくなるのだから。
1点目は元千葉コンビの老獪さ・経験値が相手の隙を上手く突いた結果。2点目は伸張著しい秀人のアグレッシブなプレーから、これまたスーペルなシュートによるもの。そして3点目はキックの精度と高い打点という個人スキルの合わせ技。選手個々のクオリティの差がそのまま数字に表れたということ。本来なら、シーズンの最初からこれぐらいの差が見えていてもおかしくはなかった様に思う。やっと本来の姿が見えた感じだ。
スタメン固定は熊さんのやり方ではあるが、連戦での選手の疲労度、ゲームコンディションを考えるとどうなのかなぁ、と思ってみていた。その中で秀人はきびきび動き回り、ソータンはいきなり精細を欠いていた。後半早いタイミングでソータンを代えてもいいのではないかと思ったら、引っ張ること引っ張ること。結局、終盤にバタバタっと時間稼ぎ&追廻しで巧と上里を投入した。リードもしてたんだから、休ませてやっても良かったのではなかろうか。ルーコンも入ってきたことだし、上手く選手を回して、暑い夏を乗り切って欲しい。戦力差というのは、そういうことでもある。
さて、秀人である。ボランチとしてテストしたのはJFKだが、ここに来てその才能が開花しようとしている。最初の頃はボールを持っただけでハラハラしたが、今では安定してボールを配給するとともに、果敢に敵ボールにチャレンジし、チャンスとあらば思い切り良く前線に突っ込んでいく、その判断力と機動力が試合毎に磨かれていくようだ。やはり、サッカーはゲームでしか上達できないものなのだとつくづく思う。

あ、あと、メインから見られない花火なんか上げるな!バカフロント。

|

« ファンタジーサッカーmini11 第2節プレビュー | Main | 薔薇とサムライ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/52108249

Listed below are links to weblogs that reference 雲壌月鼈:

« ファンタジーサッカーmini11 第2節プレビュー | Main | 薔薇とサムライ »