« ファンタジーサッカーmini11 第4節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第4節レビュー »

July 14, 2011

あとひとつ

なでしこ3-1スウェーデン女子代表

ついにきました。澤の力ない横パスがかっ拐われたときは、やっぱりそういう運命なのか?と不吉な考えもよぎったけれど、その9分後に、見事にサイドを崩して同点にしてからは、なでしこの勝利を疑うことはなかった。明らかにスウェーデンの動きが鈍く、例の8番もシステムの関係で孤立気味。なでしこをリスペクトしすぎた感もあるスウェーデンが自縄自縛に陥った、ある意味貫禄勝ちのゲームでしたね。川澄の3点目は非常にスキルのあるシュートだったし、澤は自分のミスを取り返すと共に、得点王をほぼ手中にする決勝ヘッド。そこにいる、のが澤の澤たる所以でしょう。最後までパスサッカーを貫きぶれなかった。クロージングのボールキープに対するブーイングも、今の彼女たちにとってみれば褒め言葉同然です。確実に大会の中で成長していますよ。

もう一方の準決勝を見ると、あのアメリカのパワーとスピードはちょっと桁が違う感じがする。プレーの技術や精度はそれほど高いとは思わないのだけれど、ここというところでの集中力と押し切るパワーは圧倒的。フランス相手に受けに回る時間帯も結構多かったし、付け込む隙は必ずあると思う。アメリカの狙いとしていたカウンターにはキレがあった。これは要注意。不容易に高い位置で奪われるとやられる危険性が高い。決勝はどういうプランで臨むのだろうか。佐々木さんの腕の見せ所だな。ここまで来たのだから、メダルの色は金色。日本に夢と希望を届けて欲しい。

以前、女子サッカーは男子に置き換えると中学から高校の間ぐらいという評価をよく聞いたのだけれど、あの欧州女のガチガチのフィジカル&パワーと対等以上に渡り合うサッカーは、高校の一線級とも張り合えるぐらいのレベルには来ているのではなかろうか。パススピードは早いし、クロスの距離も精度と共に伸びているし、スタミナも強化されている。なでしこの躍進は、これまでは個人がベースだった女子サッカーもかなりオーガナイズされ、競技全体としての強化がされてきたためだろうし、今やっているサッカーが日本女性にあったやり方なのだろうし、今大会の活躍で完全に女子サッカーは国民の関心スポーツとしてのポジションを確立したように思う。子供のうちは男の子も女の子も同じピッチでサッカーするが、途中から女の子の方が疎外されていく感じだったけれど、今後は明確に目標をプロサッカー選手に定める女の子が増えていくでしょう。それに伴って、またなでしこは強くなっていく。やっぱり、大衆に訴えかけるということは大きな力になるのです。

それにしても、我が軍は女子部は作らないのだろうか。東電とは遠からず縁もあるだろうに、スクールにも多くの女の子が在籍していることを考えれば、あってもおかしくない、というよりないほうが不思議。予算の問題は当然あるだろうけれど、フロントには是非考えて欲しいテーマです。

|

« ファンタジーサッカーmini11 第4節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第4節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/52205334

Listed below are links to weblogs that reference あとひとつ:

« ファンタジーサッカーmini11 第4節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第4節レビュー »