« ファンタジーサッカーmini11 第5節プレビュー | Main | 大和撫子 »

July 17, 2011

鳶飛魚躍

FC東京4-0岐阜

申し訳ないがこれぐらいの差がついて当たり前だと思うので、手放しで喜ばしいということでもない。思った以上にボールが持てて、ほとんどハーフコートゲームの様相。それゆえになんとなく緩くて寝ぼけた感じがあった。集中切らして逆襲食らうシーンも結構あったし、たしかに点は入ったけれど、もうちょっとピリッとした感じが欲しかったというのは贅沢だろうか。実際もっと点が入っても良かったと思う。特にあれだけの決定機を悉く無にする39番は、敵の回し者かと思うほど酷かったね。ほんとに黄色いチームからの刺客なんかじゃないだろうねw。セザーも外しまくっていたが、まぁ1点でも決めてくれたから良しとしよう。

今日のMVPは途中で引っ込んだ(怪我?)徳かな。不容易な横パスをカッ渫われてシュートまでもっていかれたプレーがあったけど、それを取り返すかのような前線への飛び出しは迫力があった。最後はこけそうになりながらシュートを打ったのが、GKのタイミングをずらした感じになって結果的に良かったね。積極的にサイドを駆け上がり、クロスはグラウンダーのを意識的に混ぜていて、攻撃にアクセントを付けていた。やっぱり徳はサイドのほうが全然プレーがいいよ。

そんでもって、ルーコンおかえり。入ったときは何となく流しモードだったけれど、ポイントポイントでみせるところは流石。ボールが収まるねぇ。青赤のユニが似合うねぇ。これでメンバー的には申し分なし。隙はないでしょう。

さて、今節でやっとこさ首位に立てました。こっから先は「何人(なんぴと)たりとも俺の前は 走らせねぇ」(by赤城軍馬)でゴールテープを切りたいもんですな。

|

« ファンタジーサッカーmini11 第5節プレビュー | Main | 大和撫子 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/52235355

Listed below are links to weblogs that reference 鳶飛魚躍:

« ファンタジーサッカーmini11 第5節プレビュー | Main | 大和撫子 »