« ファンタジーサッカーmini11 第16節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第16節レビュー »

June 20, 2011

熱願冷諦

FC東京1-0徳島
不用意なプレーがずいぶん減った。これまでは追加点を渇望するあまり後ろが甘くなったケースが散見され、その結果星を落としたりしていたわけだが、昨夜は‘いい時間帯に’得点した後も上手くゲームをコントロールできていたように思う。前半はスピードが上がらずちょっと寝ぼけた感じがしたが、それでも右サイドから効果的な攻めを仕掛けていて、その結果の先制点と言うわけだから狙い通りということだろう。後半立ち上がりに徳島がネジを巻いてきた時間帯でも、慌てることなく上手く往なしながらポゼッションを高めていったところなんかは、やっと学習効果が現れたのかなと思う。秀人はかいがいしく動き回りやっと慣れてきたし、森重にしても梶山にしても確実なプレーを心がけていたように見えた。そもそも土台が違うのだからそれで十分なのだ(当面は)。2点目取って楽になりたいと言う選手の心理も分からなくはないが、逆に取って安心して逆転される事だってあるわけで、肝心なのは、用心深く勝ちをもぎ取るための適度な緊張感と集中力を90分間維持することなんだと思いますよ。久々の『眠らない街』だったけれど、笛が鳴ってから歌い始めたのを見ても、G裏はまだ完全に信じたわけじゃなさそうだ。この調子で早いとこ安心してロスタイムあたりから歌えるような信頼を取り戻して欲しいもんです。

さて、お初の徳島はというと、コンパクトな陣形を保ち、後半立ち上がりの積極的なプレスといいなかなか訓練されている好チームに映った(その分もっと裏を狙いたかった感はある)。それでも、アタッキングサードへのアプローチが乏しく、プレスを掻い潜られるとなすすべなし。柿谷も目立ったなかったね。乾がいなくなりそうなので、活躍して本隊復帰を果たさないといけないんじゃないのとか要らぬ心配もしてみる。

それにしても、どうして味スタのピッチはあんなに滑るのかね。ソータンなんかも後半スパイク換えてきてたし、レフェリーがこけたのには笑ってしまったが、ホームアドバンテージになってないのが少々気にかかったよ。

|

« ファンタジーサッカーmini11 第16節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第16節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/51994255

Listed below are links to weblogs that reference 熱願冷諦:

« ファンタジーサッカーmini11 第16節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第16節レビュー »