« ファンタジーサッカーmini11 第11節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第11節レビュー »

May 14, 2011

器用貧乏

東京V4-0北九州

今日は正田醤油に行けない代わりにカーサでコータを見て来ました。それにしても、平常時の緑のホームゲームでは節約のためなのか、メインのビジョンを切ってしまっていてメンバーもスコアもリプレーも何も見えず(当然アウェー自由ですよ)、これもアウェーの洗礼? バック下層なんて開ける必要もないほどの入り。ダービーは幻想のようです。

北九州は監督も三浦泰に代わって、バックラインからビルドアップするサッカーを志向していた。プレスがかかると結構危なっかしいのだけれど、何とか繋ごうとするのは観ていていじらしい。そんなチームのやり方の中で、コータはオリジナルポジションは左MFなのだけれど、ゴールキックになるとSBのポジションまで下がって、最後列でのボール回しに参加する。前線へフィードされると急いで上がって行き、SBとポジションを交換していた。ボールポゼッションとフィードセンスを期待されているがためにそんな使われ方になっているのだが、本来の攻撃的MFとしての出来は今一歩。シュートはそれなりに打ったが、決定的な仕事はできなかった。要求されているミッションがそうなのかどうなのか、バランスを気にしながらプレーしているように見えた。悪くはないが、縦へ、前への意識、そして自分が決めるという意識をもっと強く持っても良いように思えた。北九州というチーム、システムの中でコータは場所を与えられているのは喜ばしいが、それがすなわち原隊復帰に繋がるかといえば、そう簡単な話ではないだろう。とにかく点が取れるMFになれ。今の東京の中盤に欠けているのはそこだから。頑張れ。

ゲームはといえば、前半はホームチームが攻勢ながら見所もなく、後半立ち上がり早々に緑が退場者を出し10人に。この状況で北九州がポゼッションを高めるも、カウンター一発で緑が先制。後はリトリートして、中盤での北九州のミスを突いてカウンターでさらに3点を加え圧勝となった。北九州は、確かに繋ぐサッカーは理想だろうけれど、前半アタッキングサードまでボールを運べたのは数えるほどだったので、このレベルでは相当難しいことをやっているなという印象。1年目のJFKサッカーっていう感じだな。

実にJ2のゲームスタイルの示唆に富んだゲームだったなぁ、と。リトリートされれば、それを打ち破ることが出来るほどの攻撃力を持ったチームはJ2にはそうはない。そう考えるとキーになるのは先制点で、あとはリトリートして相手がミスしてくれるようにサッカーすればいい。攻めさせてカウンター。このスタイルであれば11対10の数的不利もあまり関係ない。局面において人数が足りていれば良いからだ。だから、ポゼッションスタイルのチームであれば、とにかく先に1点取らないと厳しいということでしょう。でも、G前に10人以上が固まっているところでシュートなんか打てないです。もっとセットプレーの精度を上げていかないと、点は取れそうにありません。なかなか点が入らなくても我慢して見るしかないです。

なんてことをカーサからの帰り道、つらつら思っていたのですが、メールで敗戦を知り、あれぇ?と。先制して追いつかれ逆転ですか。守備にも多少の不安を感じてはいたのですが、ちょっと後に引きずりそうなゲームっぽいですね(問題はどんな点の取られ方なのかです)。

いよいよ、先が思いやられます。

|

« ファンタジーサッカーmini11 第11節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第11節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/51670756

Listed below are links to weblogs that reference 器用貧乏:

« ファンタジーサッカーmini11 第11節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第11節レビュー »