« ファンタジーサッカーmini11 第11節レビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第12節プレビュー »

May 19, 2011

またもや野戦病院

高松の骨折、ホベルトの手術と長期離脱者がここに来て続々発生。補強が補強になってない状況で、また言い訳のネタが増えた。まぁ、ポストありきの戦術から脱却して、良い方向に転んでくれることを願うしかない。
6戦消化して2勝2敗2分の中位力全開の戦績。支援者たちはまたぞろ監督について喧しく、実際オイラの仲間内でも「どうよ」という話はしている。選手個々の能力はJ2の中では明らかに上にしても、それがチームとして機能していないという評価は支援者の中でも共通しているのではないだろうか。仮に選手たちに奢りや慢心があったり、コミュニケーションの齟齬があることが敗因として挙げられたとしても、そこを修正していくのは監督の仕事だし、プレーする選手(スタメン)を選び、チームとしての方向性を指し示して指導していくのも監督の仕事。その意味で、いまのチームの状況と結果を見ると、仕事をしていないという風に見えてしまうのも仕方なかろう。
さて、22日はどんな顔ぶれになるのか、それはそれで楽しみ。

|

« ファンタジーサッカーmini11 第11節レビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第12節プレビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/51711788

Listed below are links to weblogs that reference またもや野戦病院:

« ファンタジーサッカーmini11 第11節レビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第12節プレビュー »