« ファンタジーサッカーmini11 第10節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第10節レビュー »

May 08, 2011

意先筆後

FC東京1-0富山

いよいよJ2も未知の領域に突入。初対決になる富山は3-3-3-1が基本フォーメーション。これに対して、上里を初めてスタメン起用し、陽平をトップ下に配した4-2-3-1で臨んだわけですが、またもや戦術的インテリジェンスのまったく感じられないゲームでしたな。前半は、富山の高い位置からのプレスが効いていて、東京もなかなかままならない状況が続いた。富山の小気味良い縦へ早い攻撃は好感が持てた。ただ、アタッキングサードからのアイディアがなく、後半のカウンターのシーン以外は怖さはまったくなかったので、ゴリゴリやっていれば今日こそは点が取れるだろうとも思ったのだが、それでもアイディアに乏かったですね。プレーの精度は明らかに上なんだけれど、判断のスピードが相変わらず遅く、出しどころを探して奪われたりすることも散見されて、チームとしての攻撃イメージの共有ができていないなぁと。いったい小平で何をやっているのだろうか。

後半は富山がリトリートしていつもの見慣れた光景。相手が3-3-3-1なんだから2トップのほうが良かったんじゃないかとか(そもそもサブにFWがいないってどういうことよ)、ワイドに広げてDFのギャップを狙うとか、片サイドに寄せて逆サイドに振るとか、いろいろ考えられるだろうに、イメージが共有できていないから、プレーが分断されて連動しない。スペースへの無人パスが何本か見られたのがいい例だ。結局こっちから仕掛けていないということ。先に動かないから、相手も釣られないしスペースもできない。後ろから追い越す動きがSBだけで、簡単に読まれてしまう。羽生さんがゴールを決めることができたのは偶然ではないような気がする。彼の‘ムーブする’感覚が活かされた結果だろう。相手の穴を衝く視野や勘だったり、スペースを作ったり衝いたりする動きの質の問題なのだ。選手個々のクオリティはJ1クラスであったとしても、チームスポーツである以上(たとえばスーペルな外国人ストライカー一人で得点を荒稼ぎするサッカーを志向するなら別だが)選手同士のプレーにおけるコミュニケーションが足りなければ、選手の技術も活かされることはない。

結局、チームのコーディネイト力が弱いということであり、それはすなわち監督の指導力とサッカーのビジョンに弱点を抱えていることだといえるのではなかろうか。このサッカーの延長線上で、J1への復帰はできるかもしれないが、J1を戦いきるだけのチームのイメージは描けない。リトリートされたディフェンスをあざ笑うかのように打ち破れなければ、今は良くても、その先はないと思う。そこがちょっと心配。

|

« ファンタジーサッカーmini11 第10節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第10節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/51619491

Listed below are links to weblogs that reference 意先筆後:

« ファンタジーサッカーmini11 第10節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第10節レビュー »