« ファンタジーサッカーmini11 第1節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第1節レビュー »

March 06, 2011

微速発進

FC東京1-0鳥栖

鳥栖にしてみればキーパーチャージじゃないの、というところなんでしょうが、ジャッジはジャッジ。扇谷といえども進歩はしている。

Dscn1325さて、ボランチやブラジル人が間に合わず、J2なめとんのかと思われそうなスタメンでした。それでも勝ててしまうのが、やっぱりJ2クオリティというか。選手個々の技術レベルは差がありますよ。勝手にボールが帰ってきてしまうことも多かったし。それでも前半はひやりとさせられるシーンがいくつかあり、後半も攻め込まれてDが対応しきれないシーンもあった。油断してると足元をすくわれる。ましてやJ2上位陣とやるときは、こんな簡単な話じゃすまないでしょう。

MIPは達也。攻守に労を惜しまず良く走った。相変わらずシュートは達也クオリティであったが、後半MFに下がったことで彼の運動量が生きたと思う。巧も存在感をアピール。点に繋がったアーリークロスといい、早くもスタメンをがっちり確保した感じ。平山は競り合いにはしっかり勝てていたけれど、肝心のフィニッシュに物足りなさ。G前で綺麗にいい形を作ろうとしすぎなんじゃなかろうか。セザーは結構まじめにチェイスもしていたし、化けそうな感じ。ただあの1対1は決めないといけない。あと、問題なのは高橋。彼がリンクの輪から完全に外れていたためにボールの回りがギクシャクした。敵からも狙われていて、味方からもボールが出てこなかった。見ていてポジショニングが悪い。2回ほどG前へ飛び出していったが(前半最後のシュートも決めて欲しい類のプレー)、チームの信頼を得られていなかったのがスタンドからも見えてしまった。ボランチがこれでは、どうにもいけない。

その高橋を最後まで使い続けた熊さんの意図とは何か、正直図りかねます。椋を入れて徳をボランチにしたほうが、昨年からの流れもあって全然良かったのではなかろうかと素直に思ってしまう。こういった熊さんの謎は今後も出てきそうだな。でも、とりあえず勝てたからね。内容には敢えて目をつぶり、結果を求めていきますよ、今シーズンは。

|

« ファンタジーサッカーmini11 第1節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第1節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/51045079

Listed below are links to weblogs that reference 微速発進:

« ファンタジーサッカーmini11 第1節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini11 第1節レビュー »