« 最後の忠臣蔵 | Main | ハーモニー »

December 26, 2010

大熊劇場

福岡2-3FC東京(ex1-2)(天皇杯準々決勝)

寒い中現地で残業の皆様ご苦労様でした。へたれなので行きませんで、BSで高みの見物を決め込んでおりました。勝ってよかったですね。あれで、負けてたら相当ダメージでしょう。現場に行ってたボスは、試合終了から熊谷駅にたどり着くまで2時間近くかかったそうです。恐るべし埼玉サッカー協会。シャトルバス3台で回していたとかいないとか。

ゲームのほうは最終節をなぞるかのような注文通りのゲームの繰り返し。先制されると勝てないのはまったく改善されていなかった。ただ、天皇杯はノックアウト式ゆえに、続きがあることでフィジカルの優位性がそのまま勝敗に結びつく。福岡の足が完全に止まっていれば、個人技も活かすことができる。ああいったプレーが前半からできないものだろうか。せっかく2点リードしても、CKから簡単に1点返させてしまうところが脇の甘さ。圧倒的とかぶっちぎりなんて言葉は封印したほうがいいゲーム内容でした。終盤の4-2-4なんて何十年前のフォーメーションだろう。凡ぺいさんがいい解説してましたね。中盤がない、サイドからといいながらサイドのスペースがない、パワープレーなのにサイドに人がいるなどなど、不可思議なピッチの現象について突っ込んでくれていました。いちいち指揮官なり選手なりの説明が欲しくなったいましたよ。何でここまで劣化しちゃったんだろう。

まぁ、データ通り、終盤劇的な展開になったし、延長に入ったものの先制されてから逆転できたのは進歩の証とポジティブに受け取りましょう。29日はゴール裏に入ります。

|

« 最後の忠臣蔵 | Main | ハーモニー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/50403757

Listed below are links to weblogs that reference 大熊劇場:

« 最後の忠臣蔵 | Main | ハーモニー »