« 桂花が民事再生法申請 | Main | ファンタジーサッカーmini10第29節プレビュー »

November 03, 2010

STARFLYER

STARFLYER

初めて乗ったが、まずスポットまでバスで行くことが新鮮。さらにタラップを上る。いつぶりだろう、思い出せない。そして機体色。A320はほとんど黒に見えるが極めて黒に近いダークブラウンではないだろうか、ツートーンに塗り分けられた機体は欧米のおしゃれなエアを思わせる。この雰囲気作りですでにグッと来ているのだが、機内に入ってこれまたニンマリ。シートは革張り、座席それぞれに小型モニターが設置されており、オリジナルのビデオが楽しめる。コンテンツはややB級ながら、暇つぶしには十分だ。フットレスト、ヘッドレストも可動式でしっかりしている。さらに、飲み物も4種類ながら、タリーズとタイアップしたオリジナルブレンドコーヒーは本格派。CAも綺麗な人が多くて、全体的な満足度はメジャーどころよりも高い。LCCが話題に上るこの頃だが、その辺とは一線を画すマーケティングは注目に値すると思う。絞り込んだ路線と付加価値の高いサービス。リピーターを獲得する近道である。問題はその路線のニーズが今後どうなるか。それは就航先の地域とともに考えていくことだろう。航空会社という業態から一歩踏み込んだアクションができるか。そこが定着に向けての分かれ道になるのではなかろうか。オイラ的にまた使うことがあるかどうかは分からないが、もし2択であれば間違いなくこっちをチョイスする。航空サービスは安けりゃいいものでは絶対ない。

【追記】帰路はANAだったが、これがまた酷かったぁ。直前に取ったために料金は定価。にもかかわらずサービスは一緒。イヤホンはCAが御用聞きよろしく配って歩いているし、当然ドリンクもなし。こちらから言わないとお茶すら出ない。とどめはCAのクオリティ。語るもおぞましい。CAと対面できる席を押さえて口説くなんてことはもはや夢なのか。

スッチーに欲情できない航空会社に、絶望したぁ。

|

« 桂花が民事再生法申請 | Main | ファンタジーサッカーmini10第29節プレビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/49929183

Listed below are links to weblogs that reference STARFLYER:

« 桂花が民事再生法申請 | Main | ファンタジーサッカーmini10第29節プレビュー »