« 鳥徳の鳥鍋@茅場町 | Main | ファンタジーサッカーmini10 第30節レビュー »

November 15, 2010

奇貨可居

横浜FM1-2FC東京
今回は久々にG裏で立ちっ放しでがなってたけど、まぁ、点決めて知らないサポとハイタッチするなんて何年ぶりかね。楽しかったよ。アウェーは結構いい思いするんだけどなぁ。
中沢、栗原が不在で、これをチャンスと言わずして何と呼ぼうか。その意味で平山に期待をかけたわけだけれど、豈図らんや2点とも脚だった。1点目はごちゃごちゃしたDFの間を縫って決まったもの。本人は狙ったわけではないと。2点目はリカからのリターンを豪快に突き刺した。2点とも抑えて打つことを意識したとのとこ。シュートに迷いがない。こねてしまう所もあったけれど、基本的に気持ちは前を向いている。やっとかよ、という思いもなくもないが、とにかくよく決めてくれた。逆にナオはなんか吹っ切れてない感じがする。もっと思いっきり打ってしまえばいいのに、というシーンがいくつかあった。ナオが調子を掴んでくれば万全なんだが。むっ君の果敢な攻め上がりも堂に入ってきたし(大黒を活かすにはGKと最終ラインのスペースにアーリーを放り込むというのも有効だと思うのだが)、攻撃も全体的に上向き加減になってきた。相変わらずこのチームは帳尻あわせが上手いw。
ところで、別段この勝利で残留が確定したわけでもないのにペドロ・ジュニオールなんて名前が出てくるのも如何なものかと思う。確かにリカのダメッぷりを見てしまうと(それ以前になんで熊さんはリカにこだわるのか。何を期待しているのか、彼のプレーを見ているとよくわからないんだよねぇ)チェンジとは思うが、健太郎だっているし大黒だって使いきれてないと思うし、まずは残りのゲームをどう乗り切るかでしょう。ここは勝って兜ですよ。
で、次節クラシコではケンゴーが累積でお休みと、これまた奇貨可居なわけです。モリゲも戻って、やっとスタメン級が揃う。好機は生かす。そういうことです。
あ、と、その前に天皇杯があったか。

|

« 鳥徳の鳥鍋@茅場町 | Main | ファンタジーサッカーmini10 第30節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/50039913

Listed below are links to weblogs that reference 奇貨可居:

« 鳥徳の鳥鍋@茅場町 | Main | ファンタジーサッカーmini10 第30節レビュー »