« ファンタジーサッカーmini10第29節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10第29節レビュー »

November 07, 2010

竜蟠虎踞

FC東京1-1G大阪

勝ちたかったし勝てたかもしれない悔しいゲーム。でも、いいゲームであったことは確か。ガンバが前節のイメージを持ち越して眠い感じで入ってくれたせいもあるが、前半は東京のペース。高い位置からのプレスでボールを奪いフィニッシュまで持っていく意識は徹底されていた。ガンガンに行けば大黒をフリーにするようなミスも起きるってもの。後半目が覚めてしまったガンバに押し込まれながら、ギリギリのところで踏ん張っていたけど、CKであっさりとられるのもまだまだということ。もっと集中上げてかないといけない。熊イズムは浸透しつつあるから、残り5つ、サッカーの本質を追及し続けるしかないっしょ。

にしても、米が戻ってきてくれてほんとに助かった。どんだけ攻守に効いていたか。中盤の底を基点に縦横無尽に走り回り次々タックルを決める。怪我のブランクはまったく感じさせない。陽平がいなかったためにいっそう彼の存在感は増していた。そここそが彼の居場所であることを証明して見せた。さて、米が戻っていたら、今度は次節次々節と森重が出場停止になる。ヨングンは長期離脱中。となると徳がCBか、もしくは平出のデビューか。終盤に来て今度はDFのトラブル。今季は最初から最後まで戦力が揃わなかったね。こんな状況でチームは良くやっていると思うよ。だからといって降格していいというわけではないのだが。この2節が最後の試練かな(今ちゃんもリーチなんだよね。恐ろしい)。

日産は出陣予定です。

【訂正】モリゲの出場停止は1試合だそうです。これまで黄色2枚の赤紙で次節出場停止になっている関係で、黄色の累積では初めての出場停止処分ということ。黄色の枚数からすれば2試合なのですが、赤に繰り上がったために、そこでチャラになっていたわけですね。

|

« ファンタジーサッカーmini10第29節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10第29節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/49959073

Listed below are links to weblogs that reference 竜蟠虎踞:

« ファンタジーサッカーmini10第29節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10第29節レビュー »