« ファンタジーサッカーmini10 第31節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第31節レビュー »

November 21, 2010

注文相撲

FC東京1-2川崎

Dscn1320いやいやいや、なんてオイラは愚かなんだろう。ケンゴーや森なんて関係ないじゃん。もともとこのチームのスタイルが強烈なカウンターサッカーだったことを今更ながらに思い出すなんて。パス出す人間がいなければ自分で運べばいいじゃない。カウンターに徹していたほうがタイトルにより近づくんじゃないか、このチームは。優勝も天皇杯もなくなってモチベーションの持ち方が難しいなんて、そんなこともまったく関係なくて、ただただ、今の状況に対してできるサッカーをやっていた、その自然体にやられたっていう感じだな。

G裏はナビスコの再現を願って例の「白いもの」を持ち出したのだろうけれど、やっぱりこちらのほうが意識しすぎていた嫌いがある。前半はカウンターのケアが北斗中心にしっかりできていたのだけれど、後半も押し迫った時間帯ですらジュニは北斗に競り勝ってたからね。化け物か、てなもんで。後半先制されて、熊さんは速攻動いた。リカとむっくんを立て続けに入れて4-2-3-1にシフト。こうなるとリカの役割も明確になって、守備力はこの際目をつぶってということなんだが、確かに攻めにおいてはまずまず機能していたように思う。2点目は仕方ないかなとも思う。やっぱりこっちが点取れなかったということがすべて。早くも熊さんの限界を見てしまったような気もする。

今日は隣の兄ちゃんが、陽平がなかなかシュートを打たないのに痺れを切らして文句ばっか言ってたなぁ。シュートコースないし、モーション入った瞬間に詰められるから打てないのだが、まぁ、狙いはわかるがノールック・誰もいないパスとかやらかしてて、今日も調子悪かったから、そう思われてしまうのも仕方がないかな。4-2-3-1にシフトしたときに、陽平をそのままトップ下よりは素直に大竹を入れたほうが良かったと思うのだが。あやつはやはり何か持ってる。そういうものにも頼りにすべきタイミングだと思うのだよ。

まぁ、勝ち点1点でも上にいればいいのだから、残り3つ全部勝つつもりで行きましょうよ。幸い名古屋も優勝が決まってしまい、23日のモチベーション…。いや他力本願はよくないな。とにかく天命を尽くしてってことで。

|

« ファンタジーサッカーmini10 第31節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第31節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/50086000

Listed below are links to weblogs that reference 注文相撲:

« ファンタジーサッカーmini10 第31節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第31節レビュー »