« 五竜遠見 | Main | 十三人の刺客 »

October 11, 2010

逃がした魚

サンフレッチェ広島F.Cユース2-1FC東京U-18

トップチームとユースチーム。どちらが支援を必要としているかを考えたとき、それは断然ユースだろう、と。迷わず埼玉へ向かったのだが、やはり禁忌のスタジアムでしたわ。

前半は完全にゲームを支配してやりたい放題。佐々木の先制点は狙い通り裏への一発が抜群のタイミングで通ったもの。バー直撃もあり、前半で勝負を決めたかったけれど、逆に一瞬の隙を衝かれて追いつかれたのが勝負を分けた感じがしたね。後半は広島も修正して攻守の切り替えを早くして、東京の攻めに対応してきた。CKからの得点は仕方ないかな。それよりもこれだけ攻めてゴールを割れなかったことがすべてだった。良いサッカーをしていても敗れることはある。切り替えて最後のJユースカップを奪い取って欲しい。

正田醤油のほうは陽平が戻ってきたようで、これに米が加われば、とりあえずなんとか切り抜けられそうな気がします。天皇杯の次は千葉。場所未定。リーグ戦3戦をはさみますが、この調子でいけば問題なさそうです。

|

« 五竜遠見 | Main | 十三人の刺客 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/49715543

Listed below are links to weblogs that reference 逃がした魚:

« 五竜遠見 | Main | 十三人の刺客 »