« ファンタジーサッカーmini10 第26節レビュー | Main | 拾う神あり »

October 19, 2010

蛮幽鬼

新感線のゲキシネも鑑賞は4作品目ともなり、定番化してきた感がある。今回も払ったお金分は確実に楽しめる。休日の昼とはいえ、それにしても女性のお客さんが多いな。(ネタバレ)

Photo復讐劇といえば『岩窟王』。この下敷きからは何人たりとも逃れられないということなのか。実際『岩窟王』をモチーフとしているのだけれど。まぁ、予定調和的に一つのところへ収斂していく安心感は心地よく、大衆娯楽としての王道を行っている。こういったものばかりを見ているのは問題だが、考えないでいいので疲れているときなんかに観ると良い。ただし、この作品は悲劇で終わる。そして、その終わり方は、登場人物に対する感情移入を断線させるものでもあった。ストーリーを素直に展開させていけばあそこに落ちるのは理解するにしても、どうにもカタルシスが得られない。ラストの稲森いずみのアップにモヤモヤするものが残ってしまった。個人的にはハッピーエンドが良かったなぁと思う。所詮カーボンコピーの限界だろうか。
出演者の中では圧倒的に堺雅人。彼の顔面の筋肉は一体どうなっているのだろうかと、そればかり気になってしまった。漫画によく出てくる、‘目が線’のキャラクターは現実世界に実在したのだ。‘笑いながら人を殺す殺し屋’というキャラ設定はありがちだが、それをこうもリアルに演じることが出来るのは彼ぐらいなもんだろう(もしかしたら小日向さんもいけるかもしれない)。
観終わって何か物足りないなと思ったら、今作は古田新太が出ていなかったのだ。関係ないけど『十三人の刺客』の古田はなかなか良かったよ。

|

« ファンタジーサッカーmini10 第26節レビュー | Main | 拾う神あり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/49776904

Listed below are links to weblogs that reference 蛮幽鬼:

« ファンタジーサッカーmini10 第26節レビュー | Main | 拾う神あり »