« ファンタジーサッカーmini10 第24節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第24節レビュー »

September 26, 2010

心機一転

東京0-1大宮

監督を代えたぐらいで劇的に変わるようだったら苦労はしませんわな。しかも本職のボランチが壊滅してしまってはゲームも創れない。前線に平山を入れて、長いボールを放り込むのが多少増えたかなという程度。守ってカウンターという相手のスタイルの問題はあったにしても、圧倒的に決定機を作りながら一度も決めることができず、逆に前半まったく怖さのなかった大宮のカウンターに、あの10分間だけはバタバタしてしまった。点が取れずに、点を取られれば、そりゃ負けますよ。90分間、一瞬たりとて気の抜ける時はない。いくら素晴らしいプレーをしていても、ほんの一瞬の隙ですべてを失う。その自覚がまだ足りない。監督が代わったことで、早いとこ選手たちも気持ちを入れ替えて欲しい。

メンバーを固定できずに来たためか、みな所謂ゲーム体力が不足しているように思う。頑張ってきていた北斗も終盤は踏ん張れずにコロコロ転がされていたし、そもそも運動量の少ないボランチは相当リスキー。カウンター食らっているのにたらたら戻るのはどうしようもないな。梶山の離脱でやむをえないということなんだろうけど、次善の策はもっとあったんじゃないかと思ってしまう。

前半、ダイレクトで5~6本パスが繋がったシーンがあって、あんな感じで玉離れ良く味方を使ってボールを動かせるようになればもう少しはましになっていくんだけどね。また、60分に北斗がオーバーラップしたカウンターは良かった。恐れず前へ出て行くことでダイナミズムが生まれる。あとは大黒の活かし方をもっと考えないと。裏を狙っているのに誰も出さない、というかパスが出せない。リカと平山では難しい。

さて、これでいよいよ神戸と一騎打ちの様相を呈してきたかな。4戦で勝ち点8なんて無理な話だったね。次ぎ落とすようだと本当に覚悟しないといけなくなりそうだ。選手たち自身が一番良くわかっているだろうから、いちいち言う必要もない。とにかく頑張れ。

|

« ファンタジーサッカーmini10 第24節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第24節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/49560996

Listed below are links to weblogs that reference 心機一転:

« ファンタジーサッカーmini10 第24節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第24節レビュー »