« ファンタジーサッカーmini10 第23節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第23節レビュー »

September 21, 2010

監督解任

ついに我が軍も決断してしまいましたね。これだけ勝てなきゃ、しゃーないか。確かに4-3-3は最後の頼みの綱だったのかもしれない。でも、ボランチにそれをこなせるだけのセンスと運動量を持った人材がいない中でできるとも思えず(米だったら、という思いはあるが)、結局チームは行き詰ってしまった。いろいろ要因はあると思います。でも、それを含めてマネジメントするのが監督の役割ですから、そして、結果ですべてが判断されるのも監督の宿命ですから、この結末はやむを得ない。
早いか遅いかの判断は微妙です。1/3残っているといえば残っているし。あとは、しばらく東京を離れていた熊さんが、どれだけ早いタイミングでチームを掌握できるかにかかっている。ただ、U-19時代の教え子が多くいるのは幸いかも。東京時代は堅守速攻が信条。代表チーム帯同で得られた知見がどれだけ生かされるか、それはそれでちょっと見ものです。

今季のJFKの振り返りはちゃんとやろうとは思うのですが、とりあえず今は2つだけ。一つは結局何だかんだ言ってもフジとサリの穴は埋まらなかったということ(米のアクシデントが一番大きかったし、それについては同情の余地はあります)。もう一つは、理想と現実のギャップを最後まで埋められなかったこと。これに尽きるのかなと。昨シーズン、その理想を垣間見せてくれただけに残念です。今一度、自身のサッカー哲学を見つめなおしてリスタートして欲しいと思います。とりあえずはお疲れ様でした。

さて、これで東京、神戸、大宮、仙台の4チームで1議席を争う感じになってきましたね。今年は結構痺れそうです。この感じ、嫌いじゃないですよぉ。

|

« ファンタジーサッカーmini10 第23節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第23節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/49515293

Listed below are links to weblogs that reference 監督解任:

« ファンタジーサッカーmini10 第23節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第23節レビュー »