« ファンタジーサッカーmini10 第22節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第22節レビュー »

September 12, 2010

危険水域

東京0-1浦和

今日のゲームは勝つべき一戦だった。何年ぶりの勝利とかそんなことはまったく関係なく、この一戦、一戦必勝のゲームだった。しかして、こんなおどおどしたゲームになるとは、ちょっと情けなくなった。それにしても、もうモリゲは使えないでしょう。何度ゲームを壊せばすむのか。オイラが監督だったらもう怖くて使えない。あの場面、体を寄せるだけで十分だった。相手も足を伸ばして入れるほどの体勢はできていなかった。最低でもシュートコースを切れば問題はなかったはず。その冷静さがない。いくらフィードの能力が高かろうが、ボックスの中でまともな守備もできないDFは使いようがない。ヨングン、今野がスタメンで使えなかったのは仕方がない。ただ、どれだけ選手状況が逼迫しているかはわかるだろうに。あまりにプレーに対する責任意識が低すぎる。

指揮官にしても迷走は直っていない。出だしは秀人をアンカーに、リカをウイングにおいた4-3-3だったが、リカが平川に引っ張られてまったく機能しない。羽生のアクシデントも、もしかしたら左サイドのアンバランスさが遠因かもしれない。前半のうちにナオを投入して4-4-2に戻したが、この前半のダメージは想像以上に大きかった。後半早い時間でリカが動けなくなる。カードをすでに2枚切ってしまったために交代させることもままならない。明らかに采配ミス。確かに陽平を高い位置に置くシステムは魅力的だが、それには相応の配置というものがある。

浦和も終盤は足を吊る選手が続出し、双方消耗戦になってしまったわけだけれど、いったい彼らは何のために走っているのだろうか。一生懸命走れば観客は満足するのか?そうじゃないだろう。達也が足吊って、一度中に戻って結局外へ出ざるを得なかった、そんな痛々しい姿を誰も見たいわけじゃない。じわりじわりとコンディションを崩す選手が増えてきている。これからが肝心なときに、満足に働けない選手ばかりになるようだと、さらにつぎはぎスタメンになっていくのだろうか。それ以上に、これだけやって勝てないとなると、選手たちのメンタルへの影響も心配になってくる。シーズンが深まるにつれてチームとしての熟成は進むのが普通なのだが、これでは最後の最後までひとつのチームにはならないのかもしれない。

楽観できる状況じゃないよ、ぜんぜん。

|

« ファンタジーサッカーmini10 第22節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第22節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/49430913

Listed below are links to weblogs that reference 危険水域:

« ファンタジーサッカーmini10 第22節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第22節レビュー »