« ファンタジーサッカーmini10 第24節レビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第25節プレビュー »

September 29, 2010

因果応報

サカマガの特集は皆さん読まれているようで、危機感のなさが心配という人が多いようですね。

羽生さんのインタビューの中にいろいろなことが含まれているように思いますが、やはり、理想と現実の乖離がここからも読み取れます。問題なのは、この理想を追求した結果、果たしてエデンに到達することができたのかということです。少なくともクラブフロントは年内は困難という判断をしました。というか、JFK更迭は、理想を追うより現実(残留)を重視したからなのですが、そのままJ2に落ちようが理想を追求する選択だってあったわけです。個人的には、どうせ落ちるなら(本当に落ちるのはやはり嫌ですが)とことんやり続けて圧倒的なサッカーで再浮上した方が絶対かっこいいと思う。でも、羽生さんのインタビューから判断すると、このまま行っても駄目だったんでしょうね。基本的なことがおざなりになっていた。それはおそらくあまりに高度なことをやろうとしすぎた結果なのだと思う。選手たちもビジョンは共有していたけれど、それを具体的にどう表現していけば良いかが分からなかった。分不相応。これは新規ビジネスを起すときにはありがちな現象ですよ。コンセプトはいいんだけど、それを具現化する手段、方法がない。だからビジネスとして成立しない(儲からない)。JFKサッカーの現実は、枝葉のところに目が行き過ぎて、幹の部分が弱っていた、ということに尽きるでしょう。それは、熊さんの「サッカーの本質を追及したい」というところに繋がってくる。ここ数試合の‘イラッ’て来る感覚は、どうもこの辺が原因だったのではないかと思います。

さて、次節湘南戦が背水の陣となります。残り10試合、ボーダー勝ち点34をクリアするには4勝1分5敗で行かないといけない(神戸とマッチレースなのでこのボーダーはもう少し上がる可能性もある)。今季の大誤算である米がもう少しで戻ってくるような朗報もあるし、リアリストののび太を間近に見続けてきた熊さんなら、やってくれそうな気もします。とにかく今は一戦必勝ですよ。

|

« ファンタジーサッカーmini10 第24節レビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第25節プレビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/49594733

Listed below are links to weblogs that reference 因果応報:

« ファンタジーサッカーmini10 第24節レビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第25節プレビュー »