« 告白 | Main | ファンタジーサッカーmini10 第17節プレビュー »

August 05, 2010

欣喜雀躍

FC東京2-2(PK4-3)リガ・デ・キト
なかなか突き抜けないチーム状況にこの勝利は良い薬になったのではないだろうか。PK戦とはいえ勝ったことには違いがなく、また相手が店じまいに入ったところを強引にゴールをこじ開けた粘りといい、相当嘗めていやがった南米チームの鼻を明かしてやったのは、久々に気分が良い。糞暑い真夏のナイトゲームにあって、まさに留飲を下げるとはこのことだ。
交代枠6人はもともとのレギュレーションだったのだろうか。これがなければ流石に終盤の追い込みはなかった。後半レギュラーメンバーを続々投入してきて(ドサクサ紛れにソ・ヨンドクまで出しやがって)、ほんとに勝つつもりだという気迫がこちらにも伝わってきた。8日の方を心配してしまう自分がいるのだが、ピッチに立っている連中はとにかく目先の勝利に飢えていた。中何日であろうと、やるからには勝つという気持ちがまずは大事なのだなと。とはいえ、最終的にPK戦に持ち込んだ大黒のゴールはセンスと経験の賜物といったところで、あそこで左のアウトが使えて、それもGKのタイミングを外せるところが只者ではないということ。とにかく早く引き取った方が良い。賞金の3000万円をそこに当てても惜しくはないと思う。
同じ南米ということで、今回のPK勝利は一部のサポにとっては南アの意趣返しでもあるのかな(それにしても健太郎、また正面蹴りやがったw)。チーム、サポ一丸となって獲得したタイトルだ。この勝利が後半戦の起爆剤になればいいな。

|

« 告白 | Main | ファンタジーサッカーmini10 第17節プレビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/49069182

Listed below are links to weblogs that reference 欣喜雀躍:

« 告白 | Main | ファンタジーサッカーmini10 第17節プレビュー »