« ファンタジーサッカーmini10 第20節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第20節レビュー »

August 21, 2010

如法暗夜

FC東京0-2広島

完敗ですな。言い訳も出来ないでしょう、これは。寿人番にむっくんを持ってきたのはちょっとびっくりしたけど、これはこれでそこそこ機能していた。けれど、最後は厚みのある広島の攻撃の中でしっかり点を取ってくる。今の東京の守備は部分最適であって全体のバランスが完全に崩れてしまっている。これを立て直さないと、いよいよもって降格の二文字を心配しなければいけなくなりそうです。

守備では、前半から最終ラインが中に絞ったときに左右のスペースが開き広島のサイドのプレーヤーがフリーになるケースが散見されていました。先制点はこのパターンでとられたわけですが、北斗が絞ったとき大外を誰が見るのか、北斗はサイドに張り付き中をボランチでカバーするのか、守備効率から言えば後者のはずなのですが、北斗は絞ってしまっていた。後半に入っても修正されず、その結果ということです。これはむっくんがCBに入ったことと無関係ではないでしょうね。どうして、こんな発想をしたのかJFKに本当のところを聞いて見たくなる采配でした。むっくんは良くやっていたと思いますよ。後半開始直後のピンチにもよく足が出たなと。

攻撃ではポゼッションは名ばかりで、ただ広島に持たされているだけ。陽平も誰も無理筋ばかりを狙ってはボールを失うだけ。攻撃は広島DFに完全に読まれてしまっていた。ボールを受けてから考えるから、寄せられてボールの出す先をコントロールされてしまっている。楔は厳しいマークですべてカットされ、遅攻ゆえにサイドも蓋をされてしまい打つ手なし。終盤、広島のバイタルがぽっかり明いているにもかかわらず誰もそこに入っていかない。どうやって点を取ろうと思っていたのだろう。どうやれば点が取れると思っていたのだろう。選手に聞いてみたいところだ。

2年前はペトロビッチが攻撃サッカーを掲げながら味スタでは完全に引きこもりサッカーをやってザマァネェやと笑ってやったものだが、いつの間にやらやっているサッカーの質にこれだけ差をつけられてしまったことに愕然とした。確かに広島はリスクテイクしながら攻めてきていた。流動的に動きながら、ピッチの幅を目いっぱい使って、DFラインを広げては後ろから選手が出てくる。見事である。敵ながら天晴れ。対して東京は、安全に安全にやる気持ちが強すぎて、帰って判断が遅くなり、寄せられて奪われて、サッカーにならなかった。攻撃においてスペースメーカー、スペースシーカーである羽生がいないとこれほど停滞するとは。あるパーツがかけると機能不全を起こし、また次に誰かがいなくなるとそこでおかしくなる。今シーズンは連鎖的にネガティブな状態をぐるぐる回っているようだ。いつになったら脱出できるのだろうかね。

近々降格予想をしたいとは思っているのだけれど、このままだと我が軍もエントリーせざるを得ないかな。そろそろ、目標を残留にリセットしないと駄目かも。

|

« ファンタジーサッカーmini10 第20節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第20節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/49213381

Listed below are links to weblogs that reference 如法暗夜:

« ファンタジーサッカーmini10 第20節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第20節レビュー »