« ファンタジーサッカーmini10 第14節レビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10第15節! »

July 29, 2010

左手一本

東京1-1磐田
会社の磐田ファンと一緒に観戦することになって、仕事終わりの都合でスタジアムには入れたのは既にキックオフの笛が鳴ったあとだった。その頃には解放している座席はほぼ満員。アウェーのゴール裏という、普段では全く考えられない位置で見ることになった。ホームゴール裏をほとんど正面に見る光景はちょっと新鮮で不思議な感覚だった。磐田のサポーターが真横にいて、磐田のチャントが耳に障る。ゲームはお互い様で痛み分け。磐田にしてみればここのところ我が軍に負け続けていたので、アウェーでの勝ち点1は満足できる結果とのこと。こちらとしてみれば、休みが1日少なく、その影響もあって動きの鈍さが目立った一戦に、消化不良の感が否めない。
まずシュート本数が両軍のゲームに対するスタンスの違いを表している。磐田は前田(やっぱりいい選手だ。南アに連れて行って欲しかった選手の一人)を基点にとにかく縦へ。東京は磐田のブロックを前に右往左往するばかり。陽平の機転で先制したものの、攻めがシュートまでたどり着かない。バイタルを締められたときに、プレスが厳しくなったときにパスサッカーはどうなるか。それがこのゲームでの観るべき所だった訳だけれど、上手く行かなかったのはコンディションの問題が大きかったように思う。動きが重く、スイッチを入れてスピードアップしようにも上がっていかなかった。そうなると中盤の網にかかってカウンターを食らうという悪循環に陥る(結構1対1の局面で負けてたね。高山さんもずいぶん流していたし)。体力的に、たった一日でもその差は大きい。この不公正さに対して、とりあえず負けなかったということは評価すべきなのだろう。権ちゃんがいなければ惨敗だった可能性もある。それにしてもシュートコースが変わったのを左手一本ではじき出したあのプレー、反応は凄いものがあった。このゲームのMVP確定。
残念なのは交代で出てきた3人。本当ならば、これまでの停滞感を打破し、新たな攻撃のスイッチを入れる役割であるはずなのに、全く機能しなかった(ナオも切れがない)。特に磐田キラーで鳴らした赤嶺は前節のビッグチャンスを取り戻すぐらいの活躍を期待したのだが… JFKの投入意図が分かるだけに、それに応えられない選手の状態にもどかしさを感じる。こういうきついゲームを勝ちきるまでにはまだまだということかな。スタメンを固定しているのも何となく頷ける。
ホーム無敗とはいえ、勝てるゲームを落としていることもあり、また今日のような落としかけたゲームを拾うこともあり、引分けにも数字には現れないいろいろな事実が含まれている。この積み上げの先に「勝利のメンタリティ」が待っていることを信じて応援し続けるしかないですね。

|

« ファンタジーサッカーmini10 第14節レビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10第15節! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/49003874

Listed below are links to weblogs that reference 左手一本:

« ファンタジーサッカーmini10 第14節レビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10第15節! »