« 実7-3学 | Main | ファンタジーサッカーmini10 第14節レビュー »

July 26, 2010

復習問題

湘南1-3東京
BS-TBSにて観戦。お誂え向きに前半終了時に2-0。まさしく前節のおさらいをやることになった。確かに神戸に比べ湘南の前からの圧力が強くなかったので、ボール回しは楽にできていたが、それを割り引いても、追試としては合格といったところ。やはり、‘3点目’の効き目が絶大だった。あの1対1をキッチリ決められるストライカーが加入したことは本当に大きい。2点目のDFに潰されながらもしぶとくボールを羽生につないだところといい、落ち着きが全く違う。羽生のノールックパスに反応して裏へ飛び出すとか、もう既に信頼関係も築きつつある。選手としての格が違うね。それに比べて、自分のゴールを演出してくれた相方への返礼をあんな形でしか返せない(まさしくボールが来た同じ方向に返したんだから)プロパーFWは情けがない。バチンと決めて止めを刺して欲しかった。解説の金田さんは、時間があったから止めても良かったと言っていたけれど、神戸戦の大竹のゴールを見るまでもなく、ダイレクトで枠を捉えられないでどうするってことですよ。51分にも惜しいヘッドがあって、どうにも決定力のなさが際立ってしまう。頑張れ赤嶺。センスがない奴はひたすら練習する以外にないぞ。

1,2点目とも前節と同じように左サイドのリカから崩していくパターンが奏功。開いたスペースにMF陣がしっかり飛び込んで点を取っている。それにしても、緊急とはいえ森重のボランチには恐れ入った。まぁ、できるとは分かっていたものの、あれだけそつなくこなすとは、CBよりもむしろ適任なのではないかと思ったりもする。これまた解説の金田さんが、前節の選手交代も交えて、もっとポジションを固定して役割をきちんと明確にした方が良いと言っていたけれど、これは今東京が目指そうとしているところを理解した発言ではなかったね。JFKは本気でトータルフットボールをやろうとしているのではいかと思うよ。誰が出ても基本はぶれないサッカー。どこからでも点が取れるチーム。そういえばFK蹴れる選手が突然増えたなぁ。一昨年ぐらいは誰が蹴るんだって感じだったのにw。

さて、次は復調しつつある磐田。中盤のプレッシャーが厳しくなる中で、どれだけポゼッションできるか見ものです。

|

« 実7-3学 | Main | ファンタジーサッカーmini10 第14節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/48979568

Listed below are links to weblogs that reference 復習問題:

« 実7-3学 | Main | ファンタジーサッカーmini10 第14節レビュー »