« 破壊王 | Main | 天皇杯の謎 »

June 06, 2010

可操左券

FC東京1-0京都

ヨングンと高橋を隔てるもののひとつが、今日のゲームを決めた左足。多少のミスはあっても、守りも攻めもアグレッシブにいくところに将来の大器を見る。京都が引き分け前提のゲームスタイルだったので(本人たちはそう思っていなくとも、傍から見ればそう見えてしまう)、終盤の数プレー以外はそれほど危なっかしい場面はなかったが、モリゲとのコンビも安定していた。これで、守備側の整備はほとんど終わったといってもいいのではないだろうか。長友の穴も十分カバーできる。

もう一本の‘左足’も今日は良かった。前半リトリートした相手を攻めあぐねるのは毎度のこと。そんな時はリズムを変えて相手の意表をつくようなプレーが必要。で、注文通り投入されたプリンシペ。後半早い時間から入ってきて、守備に攻めに貢献した。京都の中盤の守備がちょっと緩かったので、比較的‘持てた’のが大きかった。特に中に入っていったときのFWへの配球に得点の臭いがしてくる。

全体的にいえば、まだ攻撃におけるバイタルの使い方が上手くなく、パスの出し入れでギャップを作るのは段々出来てきているものの、やっぱりフィニッシュをどうするのかが詰め切れていない気がする。イメージができていたとしても、11分の達也のようなことをやっていては無駄になるだけだ。決めるべきところで決める(前節仙台戦でも平山がやらかしたらしいですな)。これなくして勝利はない。何も決まってませんが、臨時収入でシュートの上手い助っ人補強しないかなぁ。

あと最後に、カンテラーノが5人もピッチに!! こういうことをもっとアピールすることでクラブサポートメンバーに対する関心とモチベーションが形成されていくんだと思うよ。選手紹介のときに前所属を紹介したらどうだろうか。問題あるならカンテラだけでもすればいいのに。

|

« 破壊王 | Main | 天皇杯の謎 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/48561758

Listed below are links to weblogs that reference 可操左券:

« 破壊王 | Main | 天皇杯の謎 »