« 2010W杯第8日 | Main | 2010W杯第10日 »

June 20, 2010

2010W杯第9日

オランダ1-0日本
もったいなかったなという感想しか出てこないのは、ある意味すごく贅沢なことで、ランキング4位のチームを相手にW杯の真剣勝負の舞台で前半まではコントロールできていたのだから、日本サッカーもなかなかたいしたものになったことを素直に喜びたい。川島もブロックし損ねてしまったものの、ビッグセーブを連発し、韓国のような悲劇的な敗戦を回避し、最終戦の有利な地位を獲得することに貢献した。守りはそれなりに通用することはわかった。問題は攻めだ。点を取りにいかなければならないとなったときに後半投入された3ピースがその答えだとすれば、まったく機能しなかったことになる。唯一のチャンスに枠にも飛ばせないFWやシュートの一本も打てず姿を消してしまうFWなど必要ない(ついでに、投入された意味がまったく理解できずにピッチをふらふらするピンチキッカーもいらない)。改めてFWのクオリティの低さを思い知らされた。
ただ、うがったものの見方をすれば、あの3人はゲームにおける戦術的意味以上のメッセージがこめられていたのではないかとも受け取れる(大会直前、戦える選手と戦えない選手の見極めができたというのび太発言があったが、あれが戦える選手なのか?)。生贄というか言い訳というかアリバイというか、そんなことだ。それだけに、もし異なる組み合わせであれば、もしかしたら点が入ったかもしれない、なんてどうしようもない思いが頭の中から消えないのだ。はじめからオランダ戦をそのように位置づけていたのだとすれば、のび太はどれだけ深いんだ。いや、深読みが過ぎるな。
とにもかくにも、引き分け以上で次に進める(川島よくやった)。しかしチームは、引き分けでもいい、ではなく勝つことを狙って戦うだろう。やるべきことをやればきっとデンマークに勝てるはずだ。

カメルーン1-2デンマーク 
日本戦の反省からソング、ジェレミのベテランを投入し、エトオを真ん中に持ってきたカメルーンは、初戦と見違えるような迫力のある攻めを見せる。その成果はエトオの先制ゴールとして現れるのだが、一方で日本も崩しに使った左サイドの手当てがまったくされておらず、2点とも左サイドを破られて取られている。同点に追いつかれ攻め続けるものの、肝心なところでなぜかエトオ以外のプレーヤーにシュートチャンスが回っていく。シュートは打つのだが一向に決まらない。最後までエトオを生かすことができず、今大会最速で敗退が決まってしまった。もっといけると思ったんだが。結局エトオ一人では勝ち抜けないということだ。メンバーのほとんどはヨーロッパの中堅クラブに所属している。その力をチームとしてまとめ切れなかったルグエンの責任ということだ。
一方のデンマーク。2点とも長いパス1本で決めている。カメルーンに対しては、しっかり中を固めていい体勢でシュートを打たせなかった。典型的な堅守速攻スタイル。しかし、日本戦は点を取りにいかなければならないので、前掛りに来るだろう。むしろ日本にとってはそのほうがやりやすいかもしれない。中盤高いところで守備をして、ボールの出所を抑えることがポイント。カウンターを発動させるために、わざと日本にボールを持たせる、とういことはありうるだろうか。なんにしても楽しみだ。

ガーナ1-1オーストラリア
スルーでも良かったのだけれど、ケネディが出ていたので、酔っ払いながらも観ていた。ハンドの判定は仕方ないとしてもレッドは厳しすぎやしないだろうか。セビリアのビディッチの露骨なハンドですらイエローなのに、ちょっとかわいそうな気がした。それでも、オージーは前日のドイツのように数的不利を感じさせないほどにハードワークでファイトした。よく引き分けで終わったと思う。むしろガーナのほうが情けない。それにしても、アフリカ大陸大会なのにアフリカ勢がまったく振るわず。アフリカサッカーを盛り上げるというFIFAの目論見は早くも頓挫しそうだ。

|

« 2010W杯第8日 | Main | 2010W杯第10日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/48678139

Listed below are links to weblogs that reference 2010W杯第9日:

« 2010W杯第8日 | Main | 2010W杯第10日 »