« 2010W杯第3日 | Main | W杯のリアリズム »

June 15, 2010

2010W杯第4日

オランダ2‐0デンマーク
ポゼッションは圧倒的にオランダだが、決してゴリゴリくるのではなく慎重に抜け目なく攻めていったという感じ。確かにデンマークの守備は堅固で、なかなか隙が見当たらなかったというのもあるだろうし(デンマークは、バイタルに入ってくるボールのチェックを厳しくして、アタッキングサードへの侵入は容易に許さなかった)、明らかに高さでの勝負は避けていたようなので、思いのほか静かな前半になったのだと思う。後半早々オウンゴールで先制したオランダはまったく無理をせず、守備にウエイトを置きながら、攻撃も不用意なことをしなかった。デンマークも同点に追いつくよりは、追加点を奪われないことの方が頭にあったみたいで、それほど前へ出てこなかったこともあり、完全にゲームはオランダのコントロール下に入った。圧倒的な攻撃力、と言われる割にはシュアなプレーぶり、ゲーム運びに、今大会はちょっと違うぞ的な臭いがしてきた。前日絶好調のドイツとは対照的に静かなスタートを切ったオランダは、案外行っちゃうかもしれん。

日本1‐0カメルーン
最初は慎重すぎてビビったのかのように両チームとも長いボールが多かったけれど、早い時間で日本も落ち着きを見せて、全く歯が立たないってことはないことがわかったのは良かった。正直カメルーンを過大評価しすぎたかなと言う感じ。ソングがいないことでエトオがゲームメーカーになってしまい、フィニッシュに絡めていない。長友も全然エトオに負けてなかった。日本の攻めはエトオと反対のサイドを徹底して使って、松井がとにかく効いていた。あの独特のポゼッションスタイルとドリブルはチームのいいアクセントだ。本田の得点も松井のサイドでためたおかげで動き直しができたたまもの。それにしても本田は頼もしいまでにふてぶてしい。あのシュートはすべてを見透かしていた。
後半もカメルーンの圧力に屈することなく、最後はちょっとバタバタしたけれど(唯一ムビアのミドルに対して田中さんの寄せが遅れた所が不満だった。よせろーって思わず叫ぶ)、4年前の轍を踏むことはなかった。これで勝ち点3を手にして、一歩前進。次のオランダ戦、正々堂々テストマッチの借りを返そうではないか(いい意味で予想が外れましたwww)。

【追記】1勝は出来ると思っていたが、デンマークのほうが可能性があるのではないかと思っていたので、この結果には多少の驚きがある。これで、オランダに引き分けることが出来れば、トーナメント進出の可能性は大きく膨らんでくる。これで国内もちょっとは盛り上がってくるのかな。(イタリア1-1パラグアイはスルー。どうせならイタリヤとやりたいね。)

|

« 2010W杯第3日 | Main | W杯のリアリズム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/48633786

Listed below are links to weblogs that reference 2010W杯第4日:

« 2010W杯第3日 | Main | W杯のリアリズム »