« 2010W杯第18日 | Main | 切替、切替 »

June 30, 2010

2010W杯第19日

パラグアイ0-0(PK5-3)日本
日本の冒険もここで終わり。日本のサッカーの現在位置と限界がよく見えた大会だったように思う。やはり足りないのは、ここぞというときにゲームを決めることができる「個」の存在。それはパラグアイも同じで、運動量と組織で守ることはできるが、固められた守備ゾーンを破壊する力がなかった。ゲーム中、松井のバーを叩いたミドルや本田の左へわずかに外れたシュートなどチャンスがなかったわけではない(それは日本以上にパラグアイにもあったわけだが)。それが決まらない、というのが今の日本の才能の限界なのだと思う。(それでも、松井のあのダイレクトシュートにはセンスと可能性を感じる)
攻撃面において、ドイツやアルヘンのようなチームと比べると、明らかにプレーと判断のスピードの遅さ、プレー選択のまずさ、パスやシュートの精度の悪さが際立ってしまう。実につたない(パラグアイも似たようなレベルだった)。パスサッカーは手数をかける分相手に奪われるリスクも大きくなる。しかし、ブラジルなんかを見ると簡単に取られることがない。そういった個人の技術を前提に成立するサッカーなのだから、もしそこを目指そうとするなら、もっと個人のサッカー技術を上げていかないと実現することは難しい。日本人選手のクオリティの限界がここにある。

結局のび太は日本の目指すサッカーを横に置いて(のび太自信がそれを望んでいたのかどうかは今となっては怪しい。ムービングサッカーは所詮オシムのサッカーであり、岡田タケシのサッカーではなかったということでもあるのではないだろうか)、今現在日本人選手にできて勝てる可能性の高いサッカーを選択したわけで、その結果とりあえずグループステージは突破できるぐらいのレベルにはあるということが確認されたということだ。ただ、それが即サッカーの日本化につながるものかは分からない(今回の代表は十分‘日本的’であることは言った)。
のび太がベスト4を目標に掲げ、そして2つ手前で終了した。その2試合分何が足りなかったのかを考えることだ。2試合分を乗り越えるために、たとえばスペインのようなサッカーが必要だというなら、それを追い求めればいいと思う(パラグアイに勝てたら次はそのスペインと当たることになっていた。そうなると、スペイン以上のことをやらないとベスト4にはたどり着けないということになる)。少なくとも組織で守るだけではこの辺が精一杯ということがはっきりしたわけだ。つまり、攻撃力をいかに上げるかという単純ながら最も困難な課題に本気で取り組まなければ日本サッカーに未来はないということなのだ。

スペイン戦は未観戦につきスルー。ただ、ビジャのゴールはオフサイドなのでは?

|

« 2010W杯第18日 | Main | 切替、切替 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/48756530

Listed below are links to weblogs that reference 2010W杯第19日:

« 2010W杯第18日 | Main | 切替、切替 »