« 2010W杯第15日 | Main | 2010W杯第17日 »

June 27, 2010

2010W杯第16日

ウルグアイ2-1韓国
結局ストライカーの差ということ。ここというところでの決定力があるかないか、実力が拮抗すればするほど最後の部分の差が顕著になってくる。ラウンド16まであがってくるチームは大体守備は完備されている。グループリーグも守備を固めればそこそこの成績は残せるのはこれまで観てきたとおりだ。しかし、ここから先は、その厳しい守備をかいくぐって点を決めなければ‘勝てない’。ウルグアイには、フォルランとスアレスがいて、韓国にはいなかったというわけだ。
また、韓国の動きがやや鈍く感じた。ウルグアイの中盤のチェックが早かったせいもあり、中盤を省略する長いボールが多かった。攻撃に移ったときも押上げが遅い。運動量で勝負するチームは連戦によって徐々にスタミナを削られていく。そうなるとこれまでつなげていたボールもつながらなくなり、チェックにいけたプレスも遅くなり、敵の攻撃を抑えることができなくなる。これがトーナメントのゲーム、というわけだ。

アメリカ1-2ガーナ
早速延長戦に突入。これもグループリーグにはなかったシチュエーション。
早い時間にガーナが先制し、アメリカは慣れたもので慌てず騒がず後半にPKで同点に追いつく。ガーナは早くから守る意識が強くなってしまったためか、同点にされてから前へ出る力が減衰してしまう。一気呵成にアメリカが攻めるが、引っくり返すまではできなかった。
延長に入り、ガーナは上手くメンタルをリセットしてきた。後半前半3分にカウンター1発でギャンが勝ち越しを決めると、今度はアメリカの反撃をきっちり守りきった。アメリカの粘りもここまで。アルジェリア戦に続くミラクルは起こらなかった。やはり、延長に入る前にしとめられなかったのが大きい。組織で戦うチームはやはり厳しい。どこかのパーツが機能不全を起こすと全てがずれていく。しかし、強い個があれば、それだけで点が取れる。アメリカの2トップも力はあると思うが、ギャンが決勝点を決められたのは本当にちょっとした差なんだろう。そこは意識できるものではなく、普段のトレーニングの積み重ねだったり、本能的な動きだったりするのではないだろうか。

この2試合を観ると、この先の日本の道は相当険しいものだということがわかる。

|

« 2010W杯第15日 | Main | 2010W杯第17日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/48737870

Listed below are links to weblogs that reference 2010W杯第16日:

« 2010W杯第15日 | Main | 2010W杯第17日 »