« 2010W杯第9日 | Main | 大黒が来る »

June 21, 2010

2010W杯第10日

スロバキア0-2パラグアイ
全編パラグアイペース。パラグアイは小粒だけれどいいチームだ。終盤になっても運動量が落ちず、敵ボールへの寄せが早かった。ぼやぼやしているとあっという間に2~3人寄せてきて囲まれてしまう。それこそ●●●にたかるハエみたいw。そういえば全体的なチームの雰囲気は日本に似ているかもしれない。FWの決定力を除けばだが。
この攻撃的な守備の前に、スロバキアはほとんどノーチャンスだった。チームコンセプトはパスサッカーが基本らしいが、あんなに簡単にボールを失っていたのではゴール前までボールを運ぶことすら出来ない。ニュージーランドと引き分けた初戦といい、どうにもパッとしない。

イタリア1-1ニュージーランド
これはもうお祭り騒ぎ。スイス1-0スペインならまだ分かるが、これはもう理解の外。セリエAの低迷がそのまま現れたような形。世代交代の失敗なんていう言われ方もしているが、要は決めきれる人材がいないということに尽きるのではないか(PKもらったファウルも流されてもおかしくない程度のものだったし)。ニュージーランドは巧みな選手交代で逃げ切り(この場合引き分けは勝ちに等しい)に成功する。別に数的不利になっているわけではないが、やはり技術を埋めるには相応の体力を消費しなければならない。最後の10分は足も止まりかけていたが気力で守り抜いたという感じ。ちょっと感動した。
大会前からフランス、イングランド、イタリアには疑問符をつけたけど、流石にイタリアのグループリーグ敗退までは考えていなかったので、この結果(2試合終わって勝ち点2)には驚きを隠せない。リッピが見ていてこれなんだから、もうこれ以上はどうしようもないということなんだろう。その意味でフランス以上に事態は深刻なのかもしれない。ただ、最後の相手はスロバキアなので、いくらなんでもとりあえず2位通過はできそうだ。ということはラウンド16でいきなりオランダと対戦。はっきり言ってこれは厳しい。

ブラジルvsコートジボアールは未視聴のためスルー。カカは確信犯?

|

« 2010W杯第9日 | Main | 大黒が来る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/48685973

Listed below are links to weblogs that reference 2010W杯第10日:

« 2010W杯第9日 | Main | 大黒が来る »