« 2010W杯の予想 | Main | 2010W杯第2日 »

June 12, 2010

2010W杯第1日

南アフリカ1‐1メキシコ
立ち上がりからこれだけポゼッションの差が出てしまうとどうしようもないなと思いながら見ていたけれど、取るべき時に取れないとしっぺ返しを食らうのは世界どこでもどのレベルでも同じということだ。それにしても、カウンターの1発は全く見事で、チャバララが裏へのロングパスをきっちりコントロールして足元に収め、ワンタッチで持ち出して対角線のコーナーぎりぎりに蹴り込む一連の動作は流れるようで完璧だった。結局ポゼッションは勝ち負けにも点を取ることにもそれほど重要ではない。ポゼッションが100%はあり得ないのだし、ゴールを決めるには数タッチの数秒があれば十分なのだから。最後のカウンターはポストに嫌われてしまったが、南アのカウンターの切れ味は相当鋭い。
メキシコの同点弾は明らかにトラップのかけそこないに救われた形。頑張って守ってきたがほんの一瞬の緩みですべてを失うことになる。名門、一流国はこういったミスがない。肝心なところを締めることができるかどうかは、日本あたりにも言えることで、この迂闊さはやはり経験のなさからくるものなんだろうか。
いい形をいくつも作ったメキシコは、特に左に寄せて一気に右に展開するパターンがはまっていた。あとは、とにかくフィニッシュだけ。対する南アは堅守速攻スタイルの可能性を示した。フランスもうかうかしていられない。
あと、スタジアムが1700mの高地にあるせいか、ボールの飛びが違うように感じた。メキシコのサイドチェンジのロングボールが何本もサイドラインを割ったところを見ると、相当いつもの感覚とは違っているんだろうなと思う。

フランス0‐0ウルグアイ
このゲームのレフェリー陣は日本のユニット。代表チームより一足早く日本人がピッチに立った。何かやらかさないかちょっとはらはらしながら見ていたが、概ねいい感じでレフェリングできていたように思う。ただ、終盤荒れてきて、そんな初舞台で赤紙を出すことになろうとは、西村主審も思ってもみなかっただろう。
画面からは両チームとも体が重いように感じた。ミスも多かったから硬さがあったのかもしれない。ウルグアイはフォルラン、スアレスの2トップ頼みで、徹底して裏を狙っていく堅守速攻スタイル。チームとしてのスキルはそれほど高くはなさそうだが、スタイルが明快だけに迫力がある。結局フランスのオフサイドトラップを破ることはできなかったが、点の臭いはフランスよりも強く香ってきた。
一方のフランスは、ボールは回るもののどうやって崩していくのかがさっぱり。まったく見せ場がない。相手が一人減った終盤にやっと深いところまでえぐってチャンスを作ったが、全体を通じて凡庸な出来。なんとなく個人がプレーしているように見える。いくらなんでも、これではグループの勝ち抜けすら危うい。この後良くなっていくんだろうか。やっぱり、フランス危ないかも。

|

« 2010W杯の予想 | Main | 2010W杯第2日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/48612498

Listed below are links to weblogs that reference 2010W杯第1日:

« 2010W杯の予想 | Main | 2010W杯第2日 »