« ファンタジーサッカーmini10 第12節レビュー | Main | 一長一短 »

May 18, 2010

今年のU18初観戦

516

日曜日はサイクリングがてらプリンスリーグを観てきました(@小平)。今年のチームを見るのはこれが初めてで、配布していたらしいメンバー表も手に入らず、誰が誰だかわからないまま観ておりました。
桐光学園がマンツーマン的に守ってきて、前半は自由にプレーさせてくれませんでした。徐々にポゼッションは高まり、何度か決定機はあったものの0-0で折り返し。風下に回った後半、ほんのワンチャンス、おそらく風上効果もあったようなループ気味のミドルを決められ先制を許すわけですが、最後の5分で見事な逆転劇。2-1で勝利し、リーグ戦無敗を保ちました。
トップの先制されて追いつくのがやっとという試合を嫌というほど見せられている身にとっては、いともあっさり逆転してしまうU18がとても頼もしく映りました。逆転劇ってホント気分いい。あの岩木君のFKなんか大竹に見せてやりたいぐらいw。あれが「いやらしい強さ」って言うんでしょうね。見学席の桐光の応援の方々からは、逆転されたときに溜息が漏れました。先制して勝てると思ったんでしょうね。時間も時間だったし。お気の毒としか言いようがない。
今年のチームは、昨年の健太郎や平出、巧のような傑出した選手がいないながら、全体的によく動きまとまっている印象がありました。リーグ戦は残り3試合ですが、順当に全日本ユースに進むと思われ、これから個々の選手についても見ていければいいなと思っています。次は深川でダービーなんだよねぇ。前向きに検討。
ところで、トップのゲームにカンテラーノがたくさん出るようになれば、自ずとユースも観てみようかというファンは増えていくと思うんですよね。勝つために、というのは大前提としても、横並びであればカンテラーノを優先的に出していくことがクラブ的に正しい。先日クラブから10万人サポーターの現状報告がありましたが、達成に向けては、お願いするばかりでなく、こんなところにも気を配っていくべきだと思うのです。

|

« ファンタジーサッカーmini10 第12節レビュー | Main | 一長一短 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/48383515

Listed below are links to weblogs that reference 今年のU18初観戦:

« ファンタジーサッカーmini10 第12節レビュー | Main | 一長一短 »