« ファンタジーサッカーmini10 第12節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第12節レビュー »

May 16, 2010

青雲之志

東京2-2清水

裏番のジンクスはとりあえず阻止。アウェーに希望をつなぐ一戦であったな。それにしても岡崎はうざったかったw。

2-0になった時点でもまったく負けている気がしなかった。それは点の取られ方によるものであるにしても、1点取れればすべてがひっくり返るはずと、その一心でピッチを見つめていた。あれで、2-0のまま終わっていたら相当ダメージを抱え込んでいたと思うが、今チームはとりあえず(やっとこさ、とも言う)2-2まで戻せるところまできたというわけだ。松下を左SB、長友を右MF、今ちゃんを2列目に、平山をトップ下に、4-3-3っぽくシフトアップして、堅牢といわれる清水のDFラインから2点を取ったことは紛れもない事実。しかも、2点とも流れの中から(その前に大量にもらった‘右’CKから1点ぐらいは取れないとねぇ。セットプレーはまだ課題が多い)。あれだけあった決定機をことごとくはずし、西部の好セーブに阻まれてもなお追いつけたことは評価すべきだ。勝ち切れなかったというにはおこがましいが、負けなくて良かったという言い方は適切ではないと思う。いや、最後の最後、陽平からの長いスルーパスが赤嶺に通っていたらどうなっていたか。リカちゃん…orz。

清水の前線からのプレスにもあわてずボールを繋ぐことができていたし、守備に入ったときに清水が4-1-4-1になる際、1ボランチのサイドをうまく使えていたし、あわてないところも良かった。ただ、シフトアップするときのスピードが上がりきらずにシャットアウトされていた。ダイレクトパスが少ない。まだまだ改善の余地はある。そして今日の苦言はやはり平山だろうか。点を取る以外はしっかり仕事ができていただけに、余計に残念。2~3点取れていてもおかしくなかった。12分のシュートは枠をほんの数センチ外れた惜しいシュートではあったけれど、ワールドクラスはあれにカーブをかけて巻きながら入っていくイメージがある。ただ強く打っているだけに見えてしまう。逆に、後半リカからのパスを受けてフリーになったシュートはインサイドだった。シュートコースも限定されていただけに、流し込めると思ったのか。あそこはインステップで西部の左肩口(あるいは股下)を抜いてほしかった。やっぱり下手ということなのかなぁ(山形戦の健太郎も股下を狙ったわけではなかったみたいだし)。赤嶺にしてもフリーのヘッドを枠に飛ばせないし、今季の低迷は前の責任のほうが大きいと言わざるを得ないね。

Photoゲーム後、南アフリカ行きの3人に花束が贈られた。スタジアムを周回するとき、長友は愛想良く振舞っていたが、今ちゃんはスタンドに対する挨拶もそこそこにスタスタと歩いていく。今ちゃんは明らかに今日の結果に納得がいっていない様子がありあり。ゴールを決め、おそらくW杯後は海外にいるだろう(ということは、長友を味スタで見るのも今日で最後というわけだ)ご機嫌の長友とは対照的な2人だった。人それぞれだが、とにかく南アフリカでは思いっきりサッカーを楽しんできてほしい。そして、そこから世界という更なる上の舞台へと羽ばたいて行けばいい。それは、われわれサポーターにとっても誇りとなるのだ。

|

« ファンタジーサッカーmini10 第12節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第12節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/48368911

Listed below are links to weblogs that reference 青雲之志:

« ファンタジーサッカーmini10 第12節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第12節レビュー »