« ファンタジーサッカーmini10 第9節レビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第10節レビュー »

May 06, 2010

悪戦苦闘

東京0-0仙台

現実に仙台の方が順位は上だし、東京の現在地を正当に評価しなければいけないと思う。G裏のブーイングもわからないでもないが、歯車が一個噛みあうだけで劇的に変化するポテンシャルは感じるので、オイラ的にはまぁそうせかしなさんなって感じではある。チームは、かなり難しいことにトライしていると思う。完成すればどんな守備陣も打ち破ることができるだろう。それを信じて、今はただ見守るのみ。

とはいえ、昨日のゲームに関して言えば、開始5分の平山がすべてだった。イージーとは言わないが、代表を渇望するFWがあの程度を決められないようではお話にならない。実際、あの後からずっとチームは変な焦燥感を背負いながらプレーしたように映った。縦に急ぎすぎる感じがあった。上手く抜け出ることもあったが、それが続けば相手も読んでくる。そこで、もっとじっくりボールを回してディフェンスのずれを作れれば良かったのだけれど、最後までうまくいかなかった。

陽平が戻ってきてボールの回りはよくなったが、彼自身完調ではなさそうだし他のメンバーとの呼吸もまだ微妙にずれているところもある(唯一のピンチを作ったのも陽平だったし)。チームとして機能するにはまだ時間がかかりそうだ。後半はメンバーの柔軟性テストを見ているようなシフトチェンジだったが、あそこまでやるんだったら、モリゲが時折見せたオーバーラップをピッチ全体、プレーヤー全員ができるようになることが理想だな。次から次とプレーヤーが湧いて出てくるような攻めができるようになれば、嫌でも点が取れるようになるさね。終盤の攻撃に厚みが出ないのは、選手が前で止まってるからなんだと思うよ。選手の位置が変わっただけで全体が流動していない。

チームが今抱える微妙なズレをどうやってアジャストさせていくか、理想を実現していくか。それはやっぱりサッカーをやることでしか出来ないんだろうね。同じタイプの山形が次の相手なので、もう一度やってみることだ。そこで修正できれば、カーサで首位を迎え撃つ準備は整うのではなかろうか(本年は裏番なのであまり期待は出来ませんが)。とりあえず今は「優勝」の2文字は忘れて今季の地固めをする時ではないのかな。遅すぎるかもしれないけれど、やらないとそれこそ降格を心配しなくてはいけなくなってしまうからね(それだけレギュラーのボランチ2枚の欠落は、例年のDFのトラブルなんかよりずっと大きかったということなのだよ)。

|

« ファンタジーサッカーmini10 第9節レビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第10節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/48281279

Listed below are links to weblogs that reference 悪戦苦闘:

« ファンタジーサッカーmini10 第9節レビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第10節レビュー »