« スペイン人はなぜ小さいのにサッカーが強いのか | Main | ファンタジーサッカーmini10 第5節レビュー »

April 04, 2010

視野狭窄

川崎2-1東京

今季初アウェー、初G裏。久しぶりに一緒に観戦した通称管理人さんと稲本の両脇のスペースをどうにかせんかいなとか言いながら観てたけど、G裏はG裏の視点と空気があって、やっぱ楽しいね。まぁ、今日は椋原、羽生、北斗と弱いところを徹底的に狙ってきた川崎が一枚上手だったかな。先制点はクリアの不運はあったものの、見事に2対1で崩されたのがすべてだったわけだから。後半、2-0になって川崎が慎重になったのか電池が切れたのかカウンター狙いで引きこもってからは、東京が攻めあぐむ展開。一矢報いた形にはなったけど、内容的には完敗といってもいいかもしれない。完敗というよりも自滅かな。守りよりも攻めの課題が大きすぎて、それが守りにも影響を及ぼしている。

管理さん曰く難しいことをしすぎ。川崎は空いている選手をうまく使ってボールを早くつないでいるだけ。一方の東京は後方の回しからスイッチを入れる縦パスなり突っかけるアクションがすべて読まれていて、フィニッシュまでたどり着かない。チャンスも見せ場も少なかった。前半、一度ナオが中に入っていったとき可能性が見えたけど、それ以降は完全に消えてしまっていた。ナオ自身明らかに100%ではないし、周りもナオを活かしきっていなかった。それはおそらく、羽生や椋原との関係の問題なのだろう。これも前半、平山が右サイドをえぐってマイナスを入れる態勢に入った時、スペースがあったはずなのに、後方から入ってきた羽生がフォローのポジションにコースをとってしまった時には思わず「アーーーー」。ちぐはぐだね。

大宮、名古屋の流れを見ていないので、プロセスを観ていれば何か得られるものもあったかもしれないが、残ったのはモヤモヤだけだったかな。松下がなんでサブなのかがよくわからん。

課題の810ゲーム中、すでに2つを落としてしまった。次はホームで鹿さんとだ。せめて5分ぐらいにしておかないと優勝なんて、夢のまた夢だよ。

P.S.ジャイキリがBS-2で始まりました。イングランドのシーンはネイティブを使ってほしかったなぁ。でも、まぁ、いい立ち上がりなんではないでしょうか。

|

« スペイン人はなぜ小さいのにサッカーが強いのか | Main | ファンタジーサッカーmini10 第5節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/48000041

Listed below are links to weblogs that reference 視野狭窄:

« スペイン人はなぜ小さいのにサッカーが強いのか | Main | ファンタジーサッカーmini10 第5節レビュー »