« ファンタジーサッカーmini10 第6節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第6節レビュー »

April 11, 2010

一意奮闘

東京1-1鹿島

権田は普通の脳震盪だったようで一安心。最後は意識飛び飛びでやってたらしい。笛が鳴った直後へたり込んだ選手が何人かいたことからも、この一戦に賭けていた気持ちが十分伝わってきた。勝ちたかったが、それだけでも大満足。

立ち上がり、もうちょっと中盤のプレスがきついかと思ったけど鹿島が思いのほか慎重に来て、東京がペースを握り、そのままPKをゲットして先制するという展開はちょっと意外だった。実際鹿島の動きは鈍く、マルキがいないせいか攻撃にリズムが作れておらず、勢い長いボールが増えて攻めに怖さがない(それにしても今ちゃんが出てくれて良かった。この戦力差は大きかったと思う)。プレスの掛け方、攻守の切り替えは東京の方が勝っていた。悪い時の鹿島だっただけに、仕留められなかったのは悔しいね。勝てる、選手もそんな感じだったのではないだろうか。でも、そこは腐っても鹿島。駄目な時はダメなりに何とかできるところが「強さ」なのだと思う。そういうしたたかさをこれから東京もチームとして身につけていかなければいけない。

決める所を確実に決める力が優勝には不可欠。その意味で、健太郎は希望の星だ。一生懸命で初々しく、トリッキーなプレーも見せて華がある。そこにゴールがついてくれば一気にブレイクしそうな感じがする。JFKも自分たちの軸で考えた時のスタメンと明言しているし、『第2の米本』になるよう精進してほしい(まずはフィジカルと体の使い方だね)。

いろいろとまだミスも多いけれど、やっと徳のボランチも馴染んできた。北斗よりは松下の方が中盤の守備が安定する。ヨングンは素材はいいんだから、もっとコミュニケーションを高めよう。2人がいないなりにチームは確実に進歩している。一方で、あの代表の惨敗具合を見て、今JFKは何を考えているだろうか。本気で優勝を狙うなら、中断までの6試合で勝ち点12以上は欲しい。つまり4勝。梶山が帰ってくるまであともう少し。おそらく、これまで以上に勝ちにこだわってくるような気がする。京都戦はその辺に視点をおいて観てみようと思う。

|

« ファンタジーサッカーmini10 第6節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第6節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/48054621

Listed below are links to weblogs that reference 一意奮闘:

« ファンタジーサッカーmini10 第6節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第6節レビュー »