« ファンタジーサッカーmini10 第2節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第2節レビュー »

March 14, 2010

敗戦百遍

浦和1-0FC東京(TV観戦)

10人になったって、敵はだらだら、つけ込む隙はいくらでもあった。しかも、PK以降ポストとバーに1度ずつ助けられ(あと権田がはじき出したのが1本)、少なからず運もこちらに傾いていた。それでも、赤嶺の2発はゴールを割ることができなかった。この数年、スコアは別としても圧倒的にやられた記憶がないだけに、本当にちょっとした歯車の掛け違いが直るだけで正しい方向に動き出すに違いないのだけれど、今回もそれは起きなかった。10人になってしまったことが、非常時の環境を作り出し、それがトリガーになるのではと期待もしたのだけれど、それもあまり関係なかったみたいだ。

別にモリゲを責めるつもりはないし、1人少ない状況で攻めのカードを3枚切りきったJFKも頼もしく思うし、あわてて前がかってカウンターで失点を増やすこともなかったし、前半押し込まれた時の受け方に拙さが(というかこれはメンバー構成上の問題だろうな)出てしまったのは悔やまれるけれど、アウェーにしてはしっかりファイトしていた。

後半のゲーム運びを見てフラストレーションを溜めたのは、むしろホームの方だっただろう。その彼らの不満感を後半味スタで具体的な形にしてやることでしか、この悔しさは埋まらないのよ。なんで勝てないのか、いい加減にわからないとね。

|

« ファンタジーサッカーmini10 第2節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第2節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/47810653

Listed below are links to weblogs that reference 敗戦百遍:

« ファンタジーサッカーmini10 第2節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第2節レビュー »