« ファンタジーサッカーmini10 第3節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第3節レビュー »

March 21, 2010

隠忍自重

FC東京0-0C大阪

ポジティブに捉えれば無失点で負けなかった、ネガティブに捉えれば全く点の匂いがない試合。J2上がりのチームにこれでは先が思いやられる。フラストレーションのたまるゲームがしばらく続くと書いたとおりに違いないのだけれど、どうにも説明がほしいポイントが2つある。

一つはヨングンの左SBでの起用。彼自身サイドのスペシャリストではないから難しかったとは思うが、彼の目の前には広大なスペースが広がることしばしば。そこを使えないもどかしさで身をよじる90分間だった。後半慣れてきてからは多少前へ出ていくものの、クロスの精度は今一つ(1本だけいいのがあったけど)。単純に、右に椋を入れたのでは駄目だったのか。尾亦や乾を抑えられないだろうと? 平松が何とか踏ん張っていただけに、SBはなんとも納得がいかなかった。

もうひとつはボランチ。なぜ徳に拘るのか。今ちゃんを前に上げれば、もうちょっとは中盤が機能するようになるのではないか。セレッソが引きこもりの前後分裂サッカーだったおかげで、極端なほころびはなかったが、どうしてもラインが下がり気味になる。5バック、下手すると6バックのタイミングもあったような気がする。奪えない溜められない展開できないは今日も同じ。ボックス前に来てもボールをこねくって時間を浪費するだけだったし、全体的にリズムが悪い。シュートはわずか10本。あれだけ優勢だっただけに、これは少なすぎる。ブーイングもいた仕方なしだ。

後半になって、交代メンバーが出てきてからは、そのギクシャクがより顕著になって、攻めるどころか専守防衛のセレッソにきわどいカウンターを繰り出される始末。まぁ、0-0で終わって良かったねというところかな。あぁ、こんな感じがいつまで続くんだろう。とにかく、今は辛抱、負けないことだね。

|

« ファンタジーサッカーmini10 第3節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第3節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/47863753

Listed below are links to weblogs that reference 隠忍自重:

« ファンタジーサッカーmini10 第3節プレビュー | Main | ファンタジーサッカーmini10 第3節レビュー »